fbpx

税金を払うことに怒りを感じます…=本田健

ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』で有名なお金の専門家・本田健が、あなたの相談にあたたかくお答えします。幸せなお金持ちになるために、現在の自分には何が足りないのか? お金持ちの本質がわかります。(『本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』本田健)

プロフィール:本田健(ほんだ けん)
神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタート。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など累計発行部数700万部を突破。

幸せなお金持ちとして生きるためのヒント

momoさん 53歳女性のお悩み

「税金を払うことに怒りを感じます…」

税金を払うことが、強盗にあったような災難に感じられます。好きな本業でそこそこの収入があり、大好きな趣味を副業にでき、老後の収入も安定確保しております。ですが、年間の税金総額を税理士さんに出してもらうと、納得がいきません。悔しく、悲しく、怒りと不満の日々を送ることになります。私がアドバイスを受けたいのは、大切なお金を無駄使いの多い税金に払っても、怒りで日々を送らずに済む、心の対処法です。ぜひ、よろしくお願いいたします。ちなみに、人生や生活に不満はありません。満足のいくライフスタイルを築き、送っています。

本田健のアドバイス

「税金に対してどう感じるかは、あなたが選択できます。」

税金に対して、どう感じるのか、個人差があると思います。国に貢献できてうれしいと思う人もいれば、あなたのように理不尽だと感じる人もいるでしょう。個人的な歴史と価値観が、その感じ方を決めると思います。どちらが正しいということはありません。

私は、世界のいろんな国を旅行したり、住んでみて、税金に対して感じることがあります。それは、税金とは、その国にいることへの場所代だということです。アメリカにいたときは収入に応じて、そのホテル代のように滞在費が決まります。

たとえば、税金を年間4000万円払っている人は、年間365日として、1日10万円強が、日本でのステイ料金ということになります。香港なら、同じ収入でも、税金は1000万円で済むかも知れません。また、どこにも住所を持たず、ずっと旅行していると、テクニカルには、どこにも税金を払わなくてもすみます。

あなたが、日本という国が好きなら、日本の国にステイする費用が決まっているのです。他の先進国と比べて、警察、官僚、医療などのコストが、必ずしも高いわけではありません。私は、他の国にも住んだ経験から、日本は、食べ物もおいしいし、安全だし、素晴らしい国だと思います。

一流旅館に泊まっても、「高い」とか「納得がいかない」という理由で料金を払いたくないと言っても、それでは理屈が通りません。

また、税金は、いろんな無駄があるとはいえ、その本質は助け合いです。自分のお金が、誰かのためになっていると思って、さっぱりあきらめるか、ずっと、怒り続けるかは、あなたが選択することが出来ます。

【関連】母の借金300万円を私たち夫婦が返済しています… – 本田健 お金のカウンセリング室

【初出:マネーのまぐまぐ! 2008年08月18日】
※マネーのまぐまぐ!は、MONEY VOICEに統合されました。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密

[月額480円(税込) 毎週月曜日(年末年始を除く)]
700万部突破のベストセラー作家、本田健が送るメルマガ。幸せな小金持ちになるために知っておくべきお金と仕事の秘密とは?人生相談ができるQ&Aコーナーや名言なども紹介。大好きなことで経済的自由を手に入れる知恵が学べます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー