fbpx

日本マクドナルドの復活劇を支える「欧米式経営のちょっとイイところ」=児島康孝

マクドナルドの人材採用と今後の伸びしろ

現在の日本の雇用情勢を見ると、回復感が乏しい理由のひとつに、採用人材の「選り好み」の行き過ぎがあります。「選り好み」が過ぎるので、雇用の回復が遅れているわけです。

日本独自の特徴であるのですが、一般的に、店員はかっこいいお姉さんやお兄さん(20歳から30歳前後)という人材に過度に集中しています。

しかしマクドナルドでは、年齢・男女比などバランスがとれています。中年男性や高齢女性などもよく見かけます。

これは、欧米の採用の良い部分を反映しているためで、通常は採用されにくい年代の男女が多く雇用されています。このような採用は特にアメリカでは当たり前のことですが、日本の現状では事実上、年齢が20代・30代からずれると仕事がありません

日本の律儀な「品揃え」主義が、雇用の回復を遅らせているので、マクドナルドのバランスがとれた採用は好印象です。

こうしてみますと、かつては酷評されていたマクドナルドですが、今回の回復は本物であり、さらに伸びる可能性も十分あります。

【関連】「ブラック労働」ではない、電通が抱える真のリスクと株の買い時=栫井駿介

【関連】機関投資家も注目! Gunosy(グノシー)の成長が止まらない3つの理由=シバタナオキ

【関連】Wiiの夢よ再び? Switchバブルに沸く任天堂株「PER100倍」の危うさ=栫井駿介

1 2

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2017年8月10日号)より抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

[無料 日刊]
FRB緊急利下げへ」「日銀マイナス金利」をヒットさせた腕を生かし、海外投機筋、米・欧・日の中央銀行の最新情報をメルマガで!まぐまぐ殿堂入り、MONEY VOICE掲載メルマガ。為替FX・株式・資産運用のヒントに、一味違うメルマガ情報。※号外広告あり

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー