fbpx

悪用されるノーベル経済学賞!? 私たちがつい「散財」してしまうワケ=川畑明美

私たちは散財させられている?

ここで注意したいのは、上手に「ナッジ」を活用されると、消費者である私たちは知らず知らずのうちに、必要以上に消費させられてしまうことです。

オバマ大統領の例のように、貯蓄額を上げる目的で使われるのならまだ良いのですが、もしあなたがお金を貯めたいなら、営業マンのセールストークを聞くときには、ちょっと「ナッジ」の存在を意識してみるといいですね。

【関連】行動経済学者が説く「無理なくお酒やタバコの量を減らす」心理テクニック=ゆうきゆう

ノーベル賞を受賞したセイラー氏は、「経済的な意思決定の分析において、経済学と心理学の橋渡しをした」と評価されています。今後、行動経済学は、経済学全体に取り入れられる可能性があると話している大学教授もいるようです。あなたもぜひ、行動経済学を意識してみましょう!

【関連】低年収でも「1000万円」は貯められる!20~30代に贈る逆転の貯蓄術=川畑明美

【関連】元銀行支店長は見た!「1億円貯めても不幸な人」の気の毒すぎる悩み=川畑明美

【関連】人生最大の失敗!? 「結婚に後悔している」あなたのための行動経済学=ゆうきゆう

1 2

教育貧困にならないために』(2017年10月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー