fbpx

それでも日経2万円が遠い理由と、リスクオン再開に向けた僕なりの仮説=長谷川雅一

「リスクオン」と「リスクオフ」が紙一重

もちろん、「トランプ外し」は僕の仮説、あるいは想像に過ぎません。ただ、これまでの経緯を見るに、アメリカ政府としても真剣に「トランプ外し」を検討しなければならない状況に陥っているかもしれない、と僕は思うわけです。しかし現実的には、「トランプ外し」がそう簡単にはできるとは思えません。これからも、まだまだトランプさんの「暴政」が続くでしょう。

彼は、今日(13日)にも、あの「入国禁止令」に代わる新たな大統領令を出すと宣言しており、その内容しだいでは、またマーケットがリスクオフに傾きかねません。

その一方で、アメリカ経済は堅調で、成長期待も大きい。トランプさんの経済政策も、実行されれば、目先は米経済を活性化する可能性が高いでしょう。現に、週末のNYダウは97ドルほど上昇して、20,269ドルの史上最高値で引けています。

要するに、今は「リスクオン」と「リスクオフ」が紙一重、という状況なのです。そして、その「切り替えスイッチ」を握るのは、今のところ、気ままで身勝手なトランプさんです。どちらへ転ぶか、まったくわかりません。

したがって、今は、確信を持って「買える」状況でも「売れる」状況でもありません。本誌に何度か書きましたが、アメリカの政治が、もう少し落ち着くまでは積極的にトレードせず、様子を見るのが一番賢いのではないかと、僕は考えています。

【関連】「世界の終わり」に本気で備え始めたシリコンバレーのIT長者たち

【関連】NHKニュースが報じない「2016年 実質賃金増加」のカラクリ=三橋貴明

【関連】数十万円の「格安リゾートマンション」を絶対に買ってはいけない理由=姫野秀喜

1 2 3 4

長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2017/2/13号より一部抜粋
※記事タイトル・太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

長谷川雅一のハッピーライフマガジン

[無料 ほぼ平日刊]
リアルタイム投資情報サービス「LiveSignal24(ライブシグナルにじゅうよん)」の発行者、長谷川雅一がお届けするメルマガです。投資(株/FX)、マネー、政治、経済、趣味、衣、食、住、遊、ライフスタイルなど、あなたがハッピーライフを築くヒントをお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー