fbpx

人類、余命100年説の根拠とは? ホーキング博士と英国防省の奇妙な符合=浜田和幸

世界と人類を終わらせる「核の脅威」

アメリカやイスラエルが交渉に見切りをつけ、北朝鮮やイランに先制攻撃を仕掛ける可能性も英国は冷静に分析しており、その結果、世界全体が核の脅威に飲み込まれる事態もありうるという指摘には頷くしかない。

【関連】「人工知能が第三次大戦を引き起こす」プーチンが恐れるAIの超進化とは?=浜田和幸

結論として「世界の終わり、少なくとも人類が消滅の可能性に直面していることを知り、最悪のシナリオを避ける道を模索せねば」とされているのだが、英国の提唱する「核兵器無力化技術」の開発が間に合うのか、大いに気になるところだ。

続きはご購読ください<残約1,000文字>

世界一長い徴兵制度の北朝鮮:韓国への亡命も3万人!

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!

image by:Koca Vehbi / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2017年11月24日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください。

<メルマガ購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

・世界一長い徴兵制度の北朝鮮:韓国への亡命も 3万人!(11/24)
・ホーキング博士の未来予測を裏付ける英国国防省の分析(11/24)
・経済封鎖にもめげず2022年のワールドカップ主催に邁進するカタール(11/17)
・ホーキング博士に負けず、地球環境の悪化に警鐘を鳴らす世界の科学者1万5000人!(11/17)
・プーチン大統領が懸念する人工知能(AI)の進化と猛威(11/10)
・原油価格の上昇を加速させるサウジアラビアの政変劇(11/10)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

11月分の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

10月配信分
・トランプホテルで人気の日本風チーズケーキ(10/27)
・多様化する北朝鮮の生き残り戦略(10/27)
・女性として長年投票していたトランプ大統領の娘婿クシュナー氏!(10/20)
・首相の座をあきらめた小池百合子都知事?(10/20)
・核シェルターの装備を義務化しているイスラエルから学ぶべきこと(10/13)
・核戦争が間近に迫る朝鮮半島:マティス国防長官の強硬発言(10/13)
・ロヒンギャ難民問題で危機に立つスーチー女史(10/6)
・迫りくるリング・オブ・ファイアの脅威(10/6)

9月配信分
・人類の未来はあと100年? ホーキング博士の気になる予測(9/22)
・ケネディ大統領暗殺に関する情報公開にまたもやフタをするCIA(9/22)
・北朝鮮をピョンヤンで密かに支えるアメリカ人専門家集団(9/15)
・トランプ大統領の家族中心主義の落とし穴(9/15)
・アメリカの誇るイージス艦をハイジャックする電磁波攻撃の可能性(9/8)
・ヒーロー扱いされる北朝鮮の“ピンク・レディ”アナウンサー(9/8)
・メイ英国首相の初来日:本国では英国脱出者が鰻登り(9/1)
・中国最大の湖で水量が急続する恐ろしい理由:“人工降雨”大作戦(9/1)

8月配信分
・ポスト・トランプを狙うヘイリー国連大使の人気(8/25)
・豪華な夏休みは100億円の出費:サウジアラビアのサルマン国王(8/25)
・トランプ大統領が期待する金正恩との極秘交渉パイプ(8/18)
・支持率急落中のフランスのマクロン大統領(8/18)
・トランプ大統領の決断:ケネディ大統領暗殺に関する極秘ファイルの公開(8/14)
・台風のエネルギーで発電を目指す下町ベンチャー(8/14)
・新たな日米貿易戦争の勃発か?冷凍牛肉の輸入制限の行方(8/4)
・北朝鮮政策を立案できそうにないトランプ政権のお粗末な体制(8/4)

【関連】北朝鮮は誰からミサイル技術を入手したのか?米国も恐れるパンドラの箱=日暮昭

【関連】上級以外は全員被爆。日本は「核シェルターなし」で本当に大丈夫なのか?=浜田和幸

【関連】ロシアと中国を接近させる「米ドル支配からの脱却」というパラダイム・チェンジ

1 2

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』(2017年11月24日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』

[月額550円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
かつて人気を博したニッポン放送オールナイトニッポンの「世界びっくりニュース」を彷彿とさせるべく、フランクな語り口で、知られざる内外の『ぶっちゃけ話』をお届け致します。例えば…① 「爆買い」中国人観光客を上回る金額を日本で消費している国がある!?② 「発明王エジソン」の遺言を頼りに、無料の無限エネルギー開発に成功した企業がある!?③ 「不動産王」にしてアメリカ大統領候補トランプ氏に、北方領土問題解決の秘策あり!?…その他耳よりの情報が満載!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー