fbpx

やがて今の仮想通貨は盗み放題に? 世界は第二世代の暗号通貨へ向かう=房広治

やがて来る「第二世代の暗号通貨」

これに対しての対策はある。AES256というアメリカが以前公募したセキュリティ暗号を使うのである。

AES256を電子署名の暗号として使えば、量子コンピューターを使っても、解かれる恐れがない。AES256のアルゴリズムは、いくら高速の解析をしても、まだ解かれたことがないのである。

ビットコインやイーサリウムなどECDSAを使ったものが第一世代暗号通貨とすれば、第二世代暗号通貨はAES256を使ったものとなるのは、容易に予想できる。

続きはご購読ください


※本記事は有料メルマガ『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』2018年2月18日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にご購読ください。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

<有料メルマガ購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

・コインチェックの余波(2/19)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

1月配信分
・580億円相当のXEMハッキング(1/31)
・Michael WolffのFire&Fury/トランプ大統領の弁護士(1/6)
・お金の歴史、ビットコインのすごさ(1/5)

12月配信分
・ビットコイン(12/24)
・ロヒンジャ問題(12/15)
・天皇交代(12/4)

11月配信分
・モンゴルの復活(11/26)
・アメリカは遺伝子療法に期待(11/5)

10月配信分
・イーロンマスクとリチャードブランソンが協力(10/25)
・特殊な投資の例(10/17)
・ビットコイン(10/10)

9月配信分
・インドと中国は2030年までにガソリン車の登録廃止(9/27)
・世界で一番高い薬(9/20)
・AI再考(9/13)

8月配信分
・トランプ大統領は4年もたない(8/27)
・イギリスは2040年までに全電気自動車化(8/25)
・パキスタン(8/19)

【関連】ビットコイン元信者が嵌まる「次の罠」なぜ彼らは現実から目を背けるのか?=鈴木傾城

【関連】ビットコインの価格を操っているのは誰なのか? 汚れたマネーが引き起こす第二の暴落

【関連】中国はなぜビットコインを潰しにかかったのか? 不都合な規制の裏側(前編)=高島康司

1 2

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』(2018年2月18日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」

[月額880円(税込)/月 不定期]
世界の金融市場・投資業界で活躍する日本人投資家、房広治による、ブログには書けないお金儲けの話や資本市場に通用するビジネスマン・社長のあるべき姿などを、余すことなく書きます。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい