fbpx

ITバブル超えの日本市場!6月29日からは株価指数の上値推移に注目

今週の株式相場は、概ね軟調展開を余儀なくされていた先週の流れから、月曜日に買い直されると、火曜日も買い優勢の展開。水曜日は堅調に推移したものの、木曜日に軟化すると、金曜日も弱含んでおり、週前半の好調ぶりが目立っています。

日経平均株価は、先週末の2万100円台から、月曜日に2万400円台、火曜日に2万800円台乗せで連日で年初来高値を更新。水曜日も続伸して2万900円台を付けるなど、ITバブルの2000年高値を奪回。ただ過熱感と欧米株安から、木曜日に2万800円割れ、金曜日も2万700円割れと軟化したものの、先週から水準を切り上げてきました。

日経平均株価チャート 2015年6月26日終値(クリックすると拡大します)

日経平均株価チャート 2015年6月26日終値(クリックすると拡大します)

東京株式市場では、月曜日は先週の日米金融政策イベント前には警戒先行の調整から、イベント確認とともに見直しが進む流れに。日経平均株価は大幅続伸。終値は先週末比253.95円高の2万428.19円と、5日移動平均線奪回を果たすと上値を伸ばして25日移動平均線をも奪回。チャート改善が確認されました。

火曜日はユーロ圏首脳の緊急会議からギリシャ問題の進展期待につながり、外部要因進展とともに日経平均株価が寄り付きから6月SQ値2万473.83円を上抜くと、終値でも前日比381.23円高の2万809.42円と一気に年初来高値を更新。日経平均の上げ幅も今年最大を記録。レンジ上限を突破して新値追いを強める動きに。

堅調な外部要因のもと、買い優勢の展開が続いた水曜日には、日経平均株価が4日続伸。寄り付きから、ITバブルの2000年4月高値の20833.21円を奪回。後場には2万952.71円まで上げ幅を広げ、18年半ぶりの高値を記録する場面も。終値でも前日比58.61円高の2万868.03円とITバブル高値を抜いてきています。もう一方の株価指数でもあるTOPIXも続伸。年初来高値更新を果たしました。

ただ、木曜日には外部要因軟化を受けて利益確定売りに押される流れ。債務交渉の続くギリシャ問題が重しとなったほか、週初の上昇からの短期過熱感もあり、日経平均は5営業日ぶりに反落。前日比96.63円安、2万771.40円と値を落としましたが、前場の下落から下げ渋ったように下値では押し目買い意欲が確認され、押し目買いから下値の堅さを感じさせる相場になりました。

金曜日も外部要因に進展なく、米国株続落、為替相場の円高推移を嫌気した売りが先行する展開。円買い圧力とともに外需関連が弱含み。リスク回避や利益確定売りが先行。円買い圧力の高まりとともに下値を探る動きとなりました。日経平均株価は下げ渋ってプラス圏に浮上する場面が見られたものの、大引け前には戻り売りに押されて、日経平均株価の終値は、前日比65.25円安の2万706.15円で取引を終了。指数続落を余儀なくされました。

さて、週初の大幅上昇から、週後半にかけて利益確定売りで株価指数の日経平均株価は上値を切り下げる動き。ここから再び上値追いに転じるためには、上値推移との位置関係を確認していきたいところ。

そこで来週は「株価指数の上値推移」に注目してみてください。

来週には日銀短観、米雇用統計の重要イベントがありますが、このまま上値水準を切り下げていくならば、先週のようにポジション調整を進めながら押し目買いのエントリータイミングを探っていきたいところです。

金曜日の大引け前に働いた手仕舞い意識は、週末の協議などギリシャ問題に対する手仕舞いが作用。さらに来週は日銀短観、米雇用統計などイベントも控えるだけに、金融政策睨みで上値の重い展開となった先週同様の警戒売りも重しとなった格好でしょう。

ただ、金曜日の下げでも後場で下げ渋ったように市場参加者の押し目買い意欲は高い状況といえます。物色傾向では、指数構成比率上位が堅調。テーマ株、材料株など具体的な手掛かりのある銘柄に資金が向かう場面が多く見られました。新興市場銘柄やIPO銘柄に資金が集まる場面もあり、全体感では押し目形成段階とみることができるでしょう。

週末のユーロ圏緊急財務相会合を受けてのギリシャ債務問題の進展、そして日銀短観、米雇用統計などイベント消化とともに上値推移を切り上げる動きとなれば、順張り視点で押し目買いからポジションを積み増すのもいいでしょう。

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』(2015年6月26日号)より一部抜粋

無料メルマガ好評配信中

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手にし続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー