fbpx

9月総裁選は安倍vs麻生に? 政争の具にされた日銀人事=藤井まり子

発表前日まで悩んだ安倍首相

実は、安倍首相は2月16日の「黒田続投」発表の前日まで、日銀人事の決断を迷いに迷ったと言われています。

黒田氏本人の言葉によれば、「黒田氏に政権側から続投の依頼」があったのは、前日の2月15日だったようです。前日まで、安倍首相は、「黒田か?本田か?」で、迷ったわけです。

けれども、安倍首相は、麻生封じ込めのために、黒田続投に甘んじたというわけです。

日銀人事が経済状態ではなく政争で決まるなんて、「なんだかな~」という感じなんですが…。それが「日本経済の現実」なのです。

9月以降、日本の金融政策が大きく変わる可能性がある

というわけで、安倍首相が黒田日銀をびしばし締め上げるのは、9月以降になるのではないのか? 日本の金融政策や財政政策が大きく変わるのは、秋以降かもしれません。

2018年半ばから2019年初めにかけては、「国民投票」も行われる可能性が断然高いです。「教育無償化」「消費税増税は無し」の憲法改正ともなれば、日本経済は再び沸騰することでしょう。

それまでは、日本株式市場は「気迷い相場」「乱高下」が継続することでしょう。

日経平均が2万1,000円あたりになるたびに、買い増していけばよいのではないでしょうか。日経平均は下がってもせいぜい2万0,500円あたりでしょう。

続きはご購読ください。初月無料です<残約3,000文字>

トランプ大統領の「政治ショー」再び

4月(?)までは需給の良くない日本株式市場

4月の日本株式市場は上昇する


※本記事は有料メルマガ『資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』2018年3月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。本記事で割愛した内容や当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】サラリーマンの「一生働かずにすむ金が欲しい」はなぜ危険なのか?=午堂登紀雄

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

※いま初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・日本経済を「駄目にしたい人々」VS「復活させたい人々」(3/6)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

2月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・アベノミックス相場はこれから「絶頂期」へ(2/27)
・「大型の息の長い景気拡張」が始まった(その2)(2/20)
・「大型の息の長い景気拡張」が始まった(その1)(2/13)
・「北朝鮮有事」と「日銀の追加の緩和策」を話し合ったペンス副大統領と安倍首相(2/9)
・トランプ減税の効果はどこまで剥落するのか?~「21世紀版ブラックマンデー」到来(2/6)
・「黒田続投」ならず?米の第四四半期のGDP統計は「期待倒れ」!(1/30)
・スーパーバブルがやってきた!(3)~アメリカFRB「バランスシート縮小」計画断念!?(1/23)
・スーパーバブルがやってきた!(2)~そろそろアメリカ株式市場の調整は近いかもしれない(1/16)
・スーパーバブルがやってきた!(1)~久しぶりに面白くなってきた日本株式市場(1/9)
・「スーパー・バブル」がやってくる?(12/26)
・ひそかに「イールドカーブ・コントロール」に切り替えたFRB、米国ではトランプ減税成立へ(12/19)
・世襲資本主義・復活と、ビットコインの隆盛(12/12)
・株式投資の黄金時代がやってくる!?~うっかりしていたら上昇していた相場(12/5)

【関連】森友文書に改ざん疑惑、事実なら国家が2つぐらい吹っ飛ぶレベルの犯罪

【関連】これじゃ「働かせ方」改悪。政府が本当に議論すべき日本企業の課題とは=斎藤満

【関連】仮想通貨バブルで「必ず最後にババを引く」負け組投資家の共通点に気づけ=鈴木傾城

1 2 3 4

資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』(2018年3月6日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記

[月額1,080円(税込)/月 毎月第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
10年20年後も、物心ともに豊かに暮らすための「正しい地道な資産形成」について、なるべく専門用語を使わないで話し言葉で解説。一般には敬遠されがちな国際分散投資やマクロ金融の基礎知識が、自然に無理なく身に付きます。ハッピーリタイアを目指すビジネスパーソン、年金生活者やその予備軍の方々のほか、意外や意外、金融のプロの方々にも大変好評です。「沈みゆくタイタニック号・日本経済」の復活は、まずはあなた自身がフィナンシャルフィフリーを手に入れることから始まります。メールでの質問・相談も受けつています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい