fbpx

日本を襲う政権危機と米朝問題。どちらかが火を吹けば日経平均は1万8,000円へ=山崎和邦

改憲どころではなくなった安倍政権

麻生副総理の尊大な態度が自民党のイメージを大きく損ねたという政治評論家が多い。佐川元局長を呼び捨てにし、組織上は自分の配下にあったはずの佐川局長を政局から一役人に切り離す、あの態度である。

佐川氏を国会に呼べば「昭恵夫人も」ということになる。改ざん問題が麻生副総理と直結したとなれば、どういうことになるのだろうか。

麻生さんはいずれにしても辞めざるを得ない方向に行くであろう。そうでなければ自民党は来年の参院選を戦うことはできないであろう。

安倍首相が執念を燃やす憲法改正の実現も焦ってきた。9条をそのまま残して「自衛隊を保持する」と付け加えて自衛隊を合憲にする、ということで最低限度の目的は達したとするつもりだろう。

今や改憲(「壊憲」ともいう)どころではなく、安倍政権の存立そのものも危うくなる寸前まで来ている。

安倍首相や麻生副総理が国民の信頼を取り戻すことができるのか、これは簡単なことではない。

急落する場面があれば、海外勢は買ってくるかも

昨年10月の選挙の圧勝を見て、海外勢が猛烈に買って約5,000円を上げた。15年に一旦終わっていたはずの壮年期の大天井を3,000円もオーバーした。

この勢いが支持率が急低下した時に下方へ向かう勢いとなる。

しかし、政局に敏感な海外勢のことだから、それを先読みして今まで何週間も売り続けたのかもしれない(それを個人投資家が肩代わりした格好になった)。

そうなれば、いざ安倍政権崩壊の危機で急落する場面があれば、キャッシュポジションを高くしているはずの海外勢は買ってくるかもしれない。

当面の市況~トランプの存在そのものがリスク要因

米中戦争前夜

2018年はこれほど好環境に恵まれた年もないが、これほどリスクに囲まれた年もない

トランプの保護主義政策が正体を現した~これが本来の米国の正体だ

パウエル体制の試金石~FOMC振り返り

為替動向は中期的な流れを変えた

リフレ派が占拠している日銀は出口戦略の準備は進まない、そこに問題がある

日銀法改正20周年の意味するところ


※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」*相場を読み解く』2018年3月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】ついに米中貿易戦争へ。中国の「米債爆売」で米国市場はリーマン級暴落も=今市太郎

【関連】次の10年、全人類の仕事を奪う人工知能(AI)に殺されないための投資術=鈴木傾城

【関連】格差社会を生き抜く貯蓄術(上)~サラリーマンの給料が上がらない真の理由=俣野成敏

1 2 3 4 5

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2018年3月26日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー