fbpx

トレードの利益を最大化する「買い乗せ」は大胆に?それとも慎重に? – 矢口新の『トレードセンス養成講座』

あなたの答えは、残念ながら 不正解 です

今回の解答

資金管理に関する問題

FX取引で、何回か細かく損切りをした後、新規で建てた買いポジションに利が乗ってきました。今度こそ、うまく上昇トレンドに乗れたようです。あなたは、せっかくのチャンスを生かすため、「買い乗せ」で利益を最大化したいと考えました。その際に正しい方針はどれでしょうか?

正解は・・・
(1)利の乗った状態から、価格の上昇にあわせ1~2回の買い乗せを行い、早めに目標額までポジションを膨らませる
損失を小さく、利益を大きくという、いわゆる損小利大のトレーディングにおいて重要となるポイントは2つあります。

1つは、「損失の値幅を小さく、利益の値幅を大きく」するように努めること。そしてもう1つは、「損失のポジションを小さく、利益のポジションを大きく」するように努めることです。

そこで今回の正解は(1)の「利の乗った状態から、価格の上昇にあわせ1~2回の買い乗せを行い、早めに目標額までポジションを膨らませる」となります。

では、(2)「一度に大きく買い乗せすると損益分岐点が跳ね上がるため、価格トレンドを見極めつつ、細かく細かく買い乗せする」は、どうして正解ではないのでしょうか?

ここで、(1)と(2)の優劣を比較するために、現在価格90のものが99まで上げる過程で、

(A)93と96で、2回だけ買い乗せする
(B)91から98まで、8回に分けて買い乗せする

の2パターンの取引を検討し、それぞれのリスクとリターンを見てみましょう。

初期条件として、(A)は価格90の時点でポジションサイズ3をとり、それより慎重な(B)は価格90の時点でポジションサイズ1をとります。買い乗せにより最終的に目指すポジションサイズは同一の9です。

93と96で2回買い乗せ 91から98まで8回買い乗せ
現在価格 平均コスト ポジサイズ 含み益 平均コスト ポジサイズ 含み益
90 90 3 0 90 1 0
91 90 3 3 90.5 2 1
92 90 3 6 91 3 3
93 91.5 6 9 91.5 4 6
94 91.5 6 15 92 5 10
95 91.5 6 21 92.5 6 15
96 93 9 27 93 7 21
97 93 9 36 93.5 8 28
98 93 9 45 94 9 36
99 93 9 54 94 9 45

ご覧のように、買い乗せをすることで、当初のポジションのままでいるより、格段に収益が増加します。

また、この(A)と(B)の2つを比較すると、まとまった金額で買い乗せする(A)の方が、小刻みな買い乗せよりも、一貫してコストも、ポジションも、そして、収益も有利なことが分かります。

(B)が(A)より有利なのは、価格が91に到達する前に、90以下に下落した場合だけで、いったん91に到達した時点で、(B)のコストは上がってしまい、(A)より有利ではなくなるのです。

では、解答(3)の「大きくポジションをとる場合ほど、下落局面で買い下がって平均コストを下げるべきで、上昇中の買い乗せは行ってはならない」は、どうでしょう?

(3)の方針では、今回の問題のように相場が上げている間は、上げている分だけが利益につながります。つまり、当初に(1)のようなポジションを取った場合には、99の時点で、+27になりますが、(2)のような場合だと、+9のままです。いずれの場合でも、買い乗せした場合に比べて見劣りします。

また、下げた場合にポジションを膨らませるのですから、上の表を逆に読めば、このようなナンピン買いにより、どれだけ損失が大きくなるかが分かるというものです。

もちろん、相場が回復すれば損益も改善しますが、例えば、81の時点からの回復過程で、新規のポジションで(1)や(2)のように収益を狙ってくる人たちに比べると、著しく不利な戦いになることは避けられません。

このようなナンピン買いの是非については、以下を参照して下さい。
https://www.mag2.com/p/money/4045

相場はメリハリです。下げると思って買い増しするのは論外ですが、上げると思っている時には、少なくとも使える資金の3分の1は注ぎ込みたいものです。

正解は、(1)の「利の乗った状態から、価格の上昇にあわせ1~2回の買い乗せを行い、早めに目標額までポジションを膨らませる」となります。

矢口新氏の無料メルマガ好評配信中

相場を知る・より安定した将来設計のために

[無料 不定期]
投資運用の基本を押さえれば、やればやるほど上達します。自己責任の時代。相場で飯を食いたい。息の長い相場生活を送りたい。そんなあなたへ、相場のプロからひとこと、ふたこと。。。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー