fbpx

中東が「Sell In May」の引き金に。米国市場は大幅調整を経て再びブームへ=藤井まり子

米国市場は大幅調整を経て再びブームへ

アメリカ株式市場は、今年半ばには大幅調整するかもしれませんが、秋あたりから(?)再びブームを巻き起こしてくることでしょう。

かねがねお伝えしておりますように、今のアメリカの人口動態はとても良好です。

人口の多い「ミレニアム世帯」が「30歳から39歳」に入って、最初の一戸建てを購入する年齢に入ってきているのです。これは、「今のアメリカの実体経済は、向こう5~6年くらいは放っておいても拡大基調をたどる」ということです。

「2%インフレ目標」を固持すれば株価は低迷する

せっかくこういった「良好な経済環境にある」のに、パウエルFRBが「2%以上のインフレを起こさない」という信念を固持したままだと、悪いことが起きてしまうのです。

「2%インフレ目標」そのものが、アメリカ株式市場に「水を差す」結果になってしまい、ある意味とてもナンセンスです。

すなわち、パウエルFRBが現行の「2%インフレ目標」を固持して、パウエルFRBが従来通りに「今年2018年に年3~4回、来年2019年に年2~3回の政策金利の引き上げ」を断行して
いくとするならば、現在進行形のアメリカ株式ブームは、1年後あたりには「ブーム崩壊の危機」に瀕してしまうのです。

現行の「2%インフレ目標」を固持したままだと、「アメリカ株式ブームは持って1年くらい」となることでしょう。

「物価水準目標」の採用で米景気は上向く

皆さまご存知のように、ブームが弾ければ、アメリカの実体経済はリセッション入りしてしまいます。そんな「ナンセンス」なこと(=実体経済が良好なのに、リセッション入りしてしまうこと)を回避しようとするのが「物価水準目標」なのです。

しかも、この「物価水準目標」を採用すれば、「長い目で見れば、5~6年後のアメリカの政策金利を再び5%台へと引き上げられる」かもしれないのです。パウエルFRBは「バランスシート縮小」計画も放棄する必要もなくなるかもしれません。

こうなれば、次の(中国発の?)経済危機が起きたとき、FRBには「利下げの余地」と「金融緩和策の手段」が十二分に存在するということになります。

というわけで、今年のパウエルFRBでは、ウィリアムズ総裁やクラリダ次期副議長などの「金融専門の経済学者」のお知恵を頂戴して、間一髪で「物価水準目標」を採用しようとする方向へ向かっているのです。

(個人的には、「中国経済がぽしゃるまで、アメリカ経済は悠長にリセッション入りなどできない」「どんな汚い手を使ってでも、米中経済戦争に勝つ」という、アメリカの国家戦略が絡んでいると思います。)

「物価水準目標」が採用されれば、アメリカの株式市場は再びブームを再開できるのです。

米朝首脳会談はそこそこ成功か?

中距離核ミサイルは廃棄されず、日本の安全保障は不完全燃焼

日朝首脳会談で「拉致被害者」の何名かは取り戻せる?

続きはご購読ください<残約1,500文字>

続きをメルマガで読む

続きを読むには2018年5月中にご購読いただくか、該当月のバックナンバーをお求めください。


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2018年5月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。本記事で割愛した内容や当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

<有料メルマガ好評配信中! 5月配信済みバックナンバー>

※2018年5月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・「試練に立つアメリカ株式市場」の助っ人となる「物価水準目標」(5/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

4月配信分
・「満ち潮の中の引き潮」と「引き潮の中の満ち潮」と(4/27)
・パウエルFRBは「物価水準目標」を採用へ!?~米市場は再び「バブルへGo!」(4/20)
・日米首脳会談と米朝首脳会談~東アジアに久しぶりに平和が訪れる(4/17)
・安倍首相は近いうちに「拉致被害者」を取り戻せる? 支持率アップで「三選」へ(4/13)
・日本株式市場に戻ってきた「しばしのリスクオンの流れ」(4/10)
・中国が「金正恩の首」を米国に売り渡すまで、トランプ政権の「中国への口撃」は続く(4/6)
・「朝鮮半島の非核化」と「新しい時代の幕開け」~4月17日から日米首脳会談へ(4/3)

3月配信分
ものすごいスピードで変化している北朝鮮情勢~金正恩は斬首されるのか?(3/30)
海外に「市場開放」や「内需拡大」を強要するトランプ大統領~北朝鮮は「非核化か?さもなくば軍事侵攻か?」(3/27)
トラ様の目的は貿易相手国の「市場開放」と「内需拡大」~もっと米のシェールガスと農作物を輸出したい!!(3/23)
「天下分け目の一週間」が始める?!~安倍政権が倒れるのか?それとも財務省が解体・消費増税が凍結?~(3/19)
「トラ様劇場」の主戦場は、「貿易戦争」から「史上初の米朝首脳会談」へ~金正恩はやはり「亡命」を希望か?(3/16)
「森友学園・公文書書き換え事件」で、日本株は買いか?売りか?(3/13)
「バブルの物語」その2(3/9)
日本経済を「駄目にしたい人々」VS「復活させたい人々」(3/6)
「バブルの物語」~再び「コツンという底打ちの音」がした!?(3/2)

2月配信分
アベノミックス相場はこれから「絶頂期」へ!(2/27)
アメリカの長期金利上昇は「恐るるに足りず」!(2/23)
「大型の息の長い景気拡張」が始まった!?(その2)(2/20)
本日2月16日午前11時「日銀総裁・副総裁」人事発表へ~一転して、若田部「副」総裁誕生へ?(2/16)
読者への手紙(2/15)
「大型の息の長い景気拡張」が始まった!?~「円高」は「本田副総裁登場を求める督促状」(2/14)
「コツン」という「底打ちの音」が聞こえた!いんぷ~今週半ばにも「本田悦郎・副総裁」発表か?(2/13)
幾度も回数分散を行って慎重に買いまして行こう!(2/9)
マーケットの乱高下はしばらくは続く!「絶好の買い場」は幾度も訪れる!?(2/7)
「トランプ減税の効果」はどこまで剥落(はくらく)するのか?~「21世紀版ブラックマンデー」到来!(2/6)
ITバブル真っ青の大型バブルがやってくる!~日米ともに早めの「調整局面」にはご用心!(2/2)
ITバブル真っ青の壊滅的な大型バブルがやってくる!~日経平均は調整入りか?(2/1)

【関連】IPO大豊作はバブルの兆候か。HEROZの初値新記録が意味するもの=矢口新

【関連】「キャッシュレス後進国」に落ちた日本。焦った政府が大胆な計画変更へ=岩田昭男

【関連】日本の世帯所得、20年で20%減という異常事態はなぜ改善されないのか=吉田繁治

1 2 3

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2018年5月1日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい