fbpx

欲しがる米国と、NOと言う中国。北朝鮮「レアアース」が鍵を握る世界覇権レース

北朝鮮に埋蔵されているレアアースを巡る情勢が騒がしくなってきた。トランプが北朝鮮に接近し、なおかつ非常に妥協的な姿勢を示している背景もここにある。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2018年6月29日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

逃すと世界覇権が危うくなる?米国がどうしても手に入れたい理由

北朝鮮に優しくなったトランプ

北朝鮮に埋蔵されているレアアースを巡る情勢について解説したい。これはことのほか重要で、トランプ政権の北朝鮮に対する融和的な姿勢のもっとも重要な背景である可能性がある。

トランプ政権は、アメリカの要求する即時の非核化とは異なる、段階的な非核化で合意した中国と北朝鮮に強い不快感を示し、経済制裁を継続するとしている。

しかしながら、米艦合同軍事演習の無期限停止非核化に期限を設けないことなど、北朝鮮の要求を基本的に容認する方法で動いている。

日本の主要メディアでは、あれほど強硬だったトランプ政権が、なぜここまで北朝鮮に対して妥協的になったのか理解できないとする報道が目立つ。

すべては「米国の覇権」を守るため

当メルマガでは、基本的にトランプ政権は、権力を国民の手に取り戻す革命政権どころか、軍産複合体とネオコンに吸収され、その利害を代表する政権であると見てきた。

そうしたトランプ政権の一貫した外交政策は覇権の永続化であり、いま実施している保護貿易的な政策も、軍事産業の基盤である製造業を国内に引き戻し、覇権を強化する目的があるとしてきた。

そしてそのよう覇権永続化を目標として、将来的な米軍駐留の可能性を展望しつつ、拡大する中国を牽制する手段として、北朝鮮をアメリカ側へ引き寄せる判断をしたと見てきた。

北朝鮮には世界最大のレアアースが埋まっている

実は、覇権の永続化を目標にしたトランプ政権が北朝鮮に接近し、なおかつ非常に妥協的な姿勢を示していることの背景には、北朝鮮で比較的最近になって発見された世界最大のレアアースの鉱床の存在があると見ることができる。

ちなみにレアアースとは希土類元素とも呼ばれ、31鉱種あるレアメタルの中の1鉱種で、スカンジウム、イットリウムの2元素と、ランタンからルテチウムまでの15元素の計17元素の総称である。現在はその95%を中国が握り、世界的な供給を独占する位置にある。埋蔵量は2000万トンである。

最近発見された北朝鮮の鉱床は、ピョンヤンの北西150kmの地点にある。世界最大の埋蔵量のこの鉱床は開発されると、レアアースの世界的な供給は劇的に変化することは間違いない。

Next: 米国が欲しがるのは当然。ハイテク兵器には必要不可欠なレアアース

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい