fbpx

パウエルFRB議長講演で米株高へ、トランプをも転がす「実務派」は米経済を救うか=近藤駿介

24日に行われたジャクソンホール講演で、パウエルFRB議長は「実務派」の顔を見せた。利上げを淡々と続ける姿勢を示しながら、イエレン路線からの脱却を示唆するものだった。(『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』近藤駿介)

※本記事は有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』2018年8月27日号を一部抜粋したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝える無料メルマガに加え、有料版『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』を好評配信中。著書に、平成バブル崩壊のメカニズムを分析した『1989年12月29日、日経平均3万8915円』(河出書房新社)など。

イエレン路線との決別宣言か。キーワードは「理論から実務へ」

株式市場を押し上げたパウエルFRB講演

23日、米中両政府が互いに160億ドルに相当する輸入品に25%の追加関税を発動。制裁対象規模がそれぞれ計500億ドルに膨らみ、貿易戦争の拡大懸念が強まった。

それを尻目に米国株式市場は再び騰勢を強め、24日にはS&P500が7ヵ月ぶりに過去最高値を更新してきた。

米中を中心とした貿易戦争拡大懸念やトルコを始めとした新興国に対する不安など、金融市場は不透明感に覆われている。しかし、足元ではそれらの不透明感の全てが、米国経済が成長を続ける中で長期金利上昇の抑制要因として作用し、堅調な株式市場を押し上げる要因となっている。

今回、S&P500の最高値更新を後押ししたのは、24日にジャクソンホールで行われたパウエルFRB議長の講演が予想以上に「ハト派」との印象を与えたことだ。

パウエルFRB議長は講演の中で、米経済の成長基調が続くなら「政策金利の一段の緩やかな引き上げが適切になりそうだ」と従来の方針を繰り返した

それと同時に、「物価が2%を超えて加速する明確な兆しは見えない」と利上げペースを速める考えがないことも示唆したことが市場の安心感を誘った形となった。

パウエルFRB議長は「ハト派」的な発言をすることで、トランプ大統領から繰り返された利上げ牽制発言に対してFRBの独立性を保つために敢えて「タカ派」的発言をする懸念を一蹴して見せた。

本来、経済の専門家ではなく法律家であるパウエルFRB議長の市場との対話力に対しては、未知数の不安があった。しかし、今回「前門のトランプ政権、後門の市場」という厳しい状況の中で、パウエルFRB議長は法律家らしい見事な手綱さばきを見せ、それが杞憂であることを証明してみせた。

一見「ハト派」的に見えたパウエルFRB議長の講演の中身は、かなりトランプ大統領を意識したものだったといえる。

パウエルFRB議長が示した「第3の道」

7月に続いて8月にもトランプ大統領がFRBの利上げ政策に不満を見せる中、パウエルFRB議長がどのような対応を見せるかは大きな注目であった。

FRBの独立性を強く印象付けるために敢えて「タカ派」的な発言をする可能性も、新興国市場の混乱や逆イールドなど金融的な理由をあげて利上げ先送りの可能性を示唆するなど、トランプ大統領に「忖度」する可能性もあったからだ。

その中で、パウエルFRB議長は「第三の道」を選択して見せた。

パウエル議長は、FRBは「早く動き過ぎて不必要に(景気)拡大の腰を折るか、動きが遅過ぎて景気過熱の危険を冒す」という2つの主要リスクに直面していると指摘。そのうえで、「現行の段階的な利上げ路線は、いずれのリスクも真剣に受け止めた上でのアプローチだと思う」と語り、当面は段階的な利上げが適切であるとの見解を示し、現在推し進めている漸進的利上げを続ける意思を明確にした。

同時に「段階的な利上げによってFOMCが分析する中立的水準に近づいてきた」と指摘することで、現在の漸進的利上げ政策は緩和的になっている金融政策から脱却するための利上げであり、景気にブレーキを掛ける意思がないことを示した。

中立金利」という概念を持ち出すことで漸進的利上げのゴールを意識させ、際限なく利上げが続くわけではないこと、利上げ自体が目的ではないことを示唆することで、「低金利派」を自認するトランプ大統領にも配慮を見せる思慮深さを見せたのだ。

このあたりは前任者のイエレン前FRB議長とは対照的に、議会対策に多くの労力を割いてきたパウエルFRB議長ならではの対応だったといえる。

Next: 海外報道もパウエル議長を評価。「中立金利」はうまく行くのか?

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい