fbpx

【9月米雇用統計】パウエルが押した株高スイッチ。今夜、底堅いドル円は暴れるか?=ゆきママ

ドル円は年初来高値を抜け、一時1ドル=114円半ばまで上昇しましたが予想外だと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな中、いよいよ月に一度のお祭りイベントである雇用統計を迎えます。今の相場をどう見たら良いか分からないという方は必見ですよ!(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

今夜は1ドル=113.5~115.0円を想定。有効なトレード戦略は?

リスクオフでもリスクオンでも底堅いドル円、正体は円安?

ここ最近のドル円相場は、リスクオン(選好)になれば円安&ドル安、リスクオフ(回避)なら円高&ドル高で、いずれのパターンでも底堅く、ジワジワと上値を伸ばしてきました。

とはいえ、なんだかんだ結局は円安&ドル高となっているからこそドル円は伸びているんですけどね。実際問題として、ドルインデックス(主要国通貨に対するドルの価値を指数化したもの)は小高く推移していますし、円インデックスは右肩下がりとなっています。

まず、ドル高要因についてですが、これはいろいろ要因があるものの、米国経済が非常に好調であることが大きいでしょう。一時は米中貿易摩擦が懸念されていましたが、先日発表されたISM(米供給管理協会)が発表した9月の非製造業総合景況指数は、1997年8月以来、およそ21年ぶりの高水準でしたからね。

このように貿易摩擦の懸念払拭ということでドルが買われた他、ここ1週間では、イタリアの予算問題への懸念からユーロが売られ、相対的にドル高になっていることも影響しています。

あとは、金利の上昇なども当然影響しています。ご存知のように、今やドルは豪ドルなどを凌ぐレベルの高金利通貨の仲間入りを果たしていますから、コスト面を考えるとドルロングは入りやすいでしょう。

しかしながら、ドル高と円安、どちらが今のドル円相場をリードしているかといえば、実は円安なんですね。ドル高はせいぜい1~2ヶ月ぶりの水準ですが、円はほぼ1年ぶりの円安水準となっています。

この円安に関しては言うまでもなく、連日最高値を更新し続ける株価が要因となっています。

Next: パウエルが鳴らした株高バブルへの合図/気になる先行指標は?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい