fbpx

不動産投資に異変? 最近やたらとレオパレスが売りに出ている件=姫野秀喜

日銀による超金融緩和政策の追い風を受けて好調を続けてきた不動産投資も、金融庁の規制強化や供給過剰懸念もあり、どうやら雲行きが怪しくなってきました。(『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』姫野秀喜)

プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。

風向きがすっかり変わった? 手付金を捨ててキャンセルする人も

詳細不明のレオパレスが多数売られている

スルガ銀行の業務停止が行われ、どうしようもない状態が続いています。

私のところと取引のある金融機関さんも、いくつかの不動産業者を出入り禁止にしていたりしますし、悪質な業者はどんどん駆逐されているような感じです。

そんな中、ここ数日、レインズでやたらとレオパレスが売りに出されていることに気づきました。

仲介している業者は1社だけで、決まって物件の内容はわからず、資料などはまったく掲載されていません。

細かな住所もわからず、物件のシリーズも不明、間取りも不明な状況なので詳細はわからないのですが、これほど多数のレオパレスが一時的に出ている状況には、なんとなく違和感を持ちました。

建て売り新築アパートの完成が遅延している?

それから、サラリーマン向けの新築アパートの建て売りをしている業者についても、いくつか情報が入ってきました。

その業者は有名でそこそこ知名度があり、全国で展開しているのだと思います。

その業者は、都内で5%台の利回り、札幌、仙台、名古屋、福岡などで、6%台の利回りの新築アパートを販売しています。

その業者の建物の完成が遅延しているそうなのです。弊社にお越しいただいている方で、おふたりから同じタイミングでそのようなご報告をいただきました。

建物の工事が遅れている理由は、人手不足なのか資金不足なのか、詳しくはわかりませんが、業界全体が厳しい感じになってきたので、5%~6%の物件を売るのが大変になってきたのかもしれません。

Next: 大家がどんどん賢くなっている。手付金を捨ててキャンセルする人も

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい