fbpx

内乱勃発?米朝破談で北朝鮮に渦巻く陰謀論に、市場はどう反応するのか=今市太郎

市場は北朝鮮問題に再度影響を受けるのか?

安倍政権にとっては、北の脅威が再度顕在化してくるとそれを煽ることで憲法改正に利用しやすくなることでしょうから、実は意外にほくそ笑んでいるのかもしれません。

しかし、はたして国際金融市場は北朝鮮問題に関して再度リスクを意識して行くことになるのかどうか。これが非常に気になるところです。

またしても人工衛星なのかできの悪いロケットなのか判りませんが、ミサイルのようなものが実験的に発射されるといった具体的な事象が発生したときに、金融市場が大げさにリスクオフの動きをとることになるのかどうかが注目されるところです。

個人的には北のミサイル騒動にはかなり飽きがきていることは事実で、材料が豊富な足元の状況下で本当に前と同じような騒ぎになるのかどうかはかなり首をかしげる状況です。

さらにこれまでにないような動きが出れば話は変わることになりますが、市中に陰謀論が飛び交う割には、大した市場の反応にならないことも意識しておきたいところです。

そもそも事前に想定され可視化される事態は、テールリスクのように相場を脅かさないことがほとんどであることも忘れてはなりません。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

※2019年3月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年3月配信分
  • 次のミンスキーモーメントは米国発か中国発か(3/21)
  • 米朝破談で北朝鮮に渦巻く陰謀論に市場はどう反応するか(3/20)
  • 米国民の借金破綻が本邦機関投資家にもたらす逆わらしべ長者的最悪の未来(3/19)
  • 大型連休まで1か月強~次なるフラッシュクラッシュに備えてポジ整理が重要(3/18)
  • マリファナ芸能人の逮捕は大騒ぎでも国家偽装はお咎めなし?(3/16)
  • 米国社債市場は今年最大の市場暴落時限爆弾か(3/15)
  • 日銀はこの先円高進行で本当に追加緩和できるのか?(3/14)
  • 本邦の産業構造変化の影響を受けはじめたドル円市場(3/13)
  • アベ・クロがやらかすMMTの先行実験政策は本当に正しいのか?(3/12)
  • 急激に高まるNYダウH&S形成の可能性(3/11)
  • 安倍政権は旧ソビエト体制に酷似~ということは先にあるのは破滅か?(3/9)
  • 統計偽装国家を先導する疑惑の殿堂内閣府も認めたリセッション入り(3/8)
  • アベノミクスの成果が統計偽装なら日銀の出口戦略の奇策はETFの飛ばしか(3/8)
  • 国家統計偽装こそが最大の成長戦略だったアベノミクス~徐々に化けの皮が剥がれて金融市場の織り込み分剥落が示現しはじめた(3/7)
  • 米株買われすぎの理由は一体何なのか?(3/6)
  • 実は日本より超深刻~米国の年金積立不足は絶望的な状況に(3/5)
  • 金融庁も調査実施~CLO抱え込みすぎの農林中金本当に大丈夫か?(3/4)
  • 中国企業超ド級デフォルト示現~上海総合指数の爆上げに喜んでいる場合じゃない(3/4)
  • 中央銀行は独立した組織という錯覚~日米で次々政権従属感が顕在化(3/3)
  • すっかり輸出依存型ではなくなったこの国に本当に円安は必要か?(3/2)
  • 大きなヤマがすっかり不発の2月相場だが3月相場は激変か(3/1)

いますぐ初月無料購読!

image by:Wikimedia Commons

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年3月20日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2019年2月配信分
  • 日銀黒田総裁が口走る眉唾(マユツバ)ものの経済見通し(2/28)
  • トランプのロシア疑惑いよいよファイナルラウンドへ(2/27)
  • 米中貿易戦争で一番割りを食っているのは日本という現実(2/26)
  • 北朝鮮はベトナムのような国になれるのか?他人事では済まない北の国の今後(2/25)
  • 国家統計偽装主義のこの国はソビエトでも目指しているのか?(2/23)
  • 日銀口先緩和効果20銭~ここからさらに金融緩和は可能か?(2/22)
  • VCバブル大丈夫?2000年以降最高投資額で聞こえてくる退潮の足音(2/21)
  • 米中貿易協議で明確化~米国は対日FTA交渉でも為替条項を確実に要求(2/20)
  • EU離脱まで38日~メイ首相が仕掛けるギリギリのミッションインポッシブルディール(2/19)
  • 勤労統計調査手法見直しを先導判明で黒田総裁大ピンチ~日銀はインチキアベノミクスの片棒を担いでいた(2/18)
  • プロの投資家が進める現金ポジションの拡大~相場にはやはり異変が起きている(2/18)
  • いまごろ問題が顕在化してきた米自動車ローン延滞数~過去最高の700万人が示唆するものとは?(2/16)
  • ロバートシラーも年内米国リセッションを示唆~長期株式強気相場終了か(2/15)
  • トランプとうとう非常事態宣言発動へ~どうしても壁がつくりたいトラ様(2/15)
  • ガンドラックの見立てが正しいかレイダリオの予想が正しいか?市場の先行きを占う二つの見解(2/14)
  • どうする日銀?本邦国家統計4割フェイクの海外報道で独自データ修正実施ならばアベノミクスの息の値が止まる(2/13)
  • 14日開催の米中閣僚級会談~知財など構造的問題の解決は絶望的か(2/12)
  • トランプの中国叩きの効果鮮明~中国経済減速でドイツのリセッション入り確定(2/11)
  • 日銀ゼロ金利政策から20年~誰からも祝福されないこの政策に未来はあるのか?(2/10)
  • きわめて危うさを感じるZOZOのブランドマネジメント(2/9)
  • 米国・金融作業部会の暗躍で大きく戻した米株~しかしここから簡単に強気相場には戻れない(2/8)
  • 創業者亡くなったら仮想通貨引き出せないまさかの事案発生~しかし仮想通貨全体では既に永遠に使えないものが激増中(2/7)
  • 役人のせいにはできない安倍首相の名目GDP増加虚偽成果説明(2/7)
  • ソフトバンク株のはめ込み営業のおかげで本邦から個人投資家消滅が加速(2/6)
  • トランプの非常事態宣言発動は相場に影響を与えるか?(2/5)
  • 2018年またしても下落のヘッジファンド運用資金と成績が示唆するもの(2/4)
  • 統計改ざん多発でアベノミクス成長の嘘全面露見~これで政権維持できるのか?(2/2)
  • GPIF18年10-12月期14.8兆円損失公表~日銀の債務超過は大丈夫か?(2/1)
  • 利上げ停止宣言で株安阻止したFRB~この先最大の敵はインフレ示現(2/1)
  • FRBの利上げ凍結の陰で俄かにリスクが高まるCLO市場(2/1)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分
  • NEM財団破産か?煽りを食ってNEM価格大幅下落(1/31)
  • 押し目なのかピークアウトの戻り局面か?ここからの米株の見方で大儲けか大損かが決まる(1/31)
  • 馬鹿さ加減が際立つ英国議会のBREXIT投票(1/30)
  • 厚労省の修正データ公表で賃金下落確定~消費税上げで先進国中トップでリセッション入りか(1/30)
  • 楽観視だけが先行しリスクを無視する相場~このツケは一気にやってくる?(1/29)
  • 3日の暴落に関するテクニカルアナリストの分析は正しくない(1/28)
  • 岡三マンのツイッターアカウント凍結はなぜ起きた?(1/27)
  • ムニューシンが招集した金融作業部会が恥を忍んで株上げの方法を聞きに行ったのはレイダリオらしいというお噂(1/26)
  • 本邦基幹統計22に問題~信頼毀損で外人投資家は日本から完全撤退か(1/25)
  • またしてもやってくる政府債務上限問題~ここからは米国債ショック再来に厳重注意(1/25)
  • ドイツ銀行まさかの市場最大マネロン加担で大問題発生か(1/24)
  • 結局日本は6年かけても膨大な負債だけ残してデフレ脱却できずか(1/24)
  • 弾劾・辞任かディープステート粛清か?トランプが直面する米国内謀略戦の行方(1/23)
  • 年初から本邦不信の材料満載~外国人投資家は日本株から大幅撤退か(1/22)
  • 米中貿易交渉進展を楽観視する市場~しかしライトハイザーはやわじゃない(1/21)
  • 欧州系外銀の自己売買部門が次々閉鎖~金融セクターの様子がおかしい(1/20)
  • 為替相場はBREXITに飽きた?あまり大きく動かないポンド相場(1/19)
  • フラッシュクラッシュも危険だがDD方式の店頭FX業者はそのリスクを増幅するさらに危険な存在(1/18)
  • 起こりえない事が全部起きる仮想通貨ブロックチェーン~これもうアウトでは?(1/17)
  • 大手年金基金PKOとパウエルプット発言で戻り基調の米株上昇の賞味期限(1/16)
  • GPIF・世界屈指の人工無能投資で老齢貧困社会到来はすぐそこに(1/15)
  • 中国春節前後にまさかの戦争?いきなりドル円に顕在化する地政学リスク(1/14)
  • 虚偽の政府統計でアベノミクス成長の嘘全面露見か~海外勢が日本投資をやめる日(1/13)
  • 予想通り益々様子がおかしくなってきたBREXIT~英国は正気を取り戻すのか感情の趣くままに破滅的破断界に突き進むのか?(1/12)
  • ペソスの別れたカミさんが保有株売り飛ばすとアマゾン大暴落?全体未聞の上場超優良株経営者離婚破綻の可能性(1/11)
  • 米株市場が心配する企業のプロフィットリセッションは今年確実に到来しさらに深刻な問題を引き起こしそう(1/11)
  • いよいよ英下院BREXIT投票~本邦休日を控えて迂闊なポジション保有厳禁!(1/10)
  • ドル円フラッシュクラッシュはドル安相場開始の前兆か(1/9)
  • 金融庁が仮想通貨ETF認可の可能性報道は本当の話?(1/8)
  • パウエルが市場の催促相場に負けて緩和しても米株は既に暴落に突き進む可能性について(1/7)
  • パウエル議長結局市場とトランプに脅かされ緩和に逆戻りか(1/6)
  • まさかの利下げを織り込み始めた米債券市場(1/5)
  • 多くの本邦個人投資家が運用証拠金を失った3日のドル円暴落(1/4)
  • 相場の暴落が起きるたび高まる国内店頭FX業者への猜疑心(1/4)
  • 2019年確実に市場のリスクとして意識される日銀の存在(1/3)
  • 新年から今年の相場を占うかのようなドル円フラッシュクラッシュ発生(1/3)
  • メディアに登場する市場の識者の話は本当に信用できるのか(1/2)
  • 2019年突然暴落に巻き込まれないためのプロテクティブトレードの勧め(1/1)

2019年1月のバックナンバーを購入する

【関連】「もう印鑑やめようよ」の声を黙殺へ。デジタル手続法案が印鑑業界の圧力に屈したワケ

【関連】反日政策で自分の首を絞める韓国・文在寅大統領、若い世代の反発で窮地に=勝又壽良

【関連】なぜ成功者はゴルフをする?夜の銀座ママが見た5つの利点と、海外では若者にも人気のワケ

1 2 3

今市太郎の戦略的FX投資』(2019年3月20日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい