fbpx

【3月米雇用統計】先行指標は回復傾向、ほどほどに悪い結果で押し目買い狙いの方針=ゆきママ

上値を探るドル円!今夜は買いを意識して臨みたいが…

非農業部門雇用者数、平均時給共に予想を上回る堅調な数字なら、上値余地を探りながらジリジリ伸びていく展開が想定されます。

しかしながら、年初来高値が112.10円レベルであり、節目の112.00円から上は強い抵抗帯になることが予想されます。

短期的には上に行きたがっていますが、ドル円の動きが鈍い分、高値掴みをしたくないというのも本音でトレードには難しさを感じます。

ドル円日足チャート

ドル円日足チャート

したがって、非農業部門雇用者数が2ヵ月続けての一桁万人台で平均時給も前年同月比で−0.2~0.3%下振れるといった最悪の結果なら別として、ほどほどに悪い結果で下がってくるパターンに押し目を狙いたいというのが第一感ですね。

111.00円の節目や21日移動平均線(111.073円)のが支えとなる111円台前半、111.20~111.30円では軽く押し目を狙ってみたいところ。

一目均衡表の雲上限(110.751円)や89日移動平均線(110.700円)割れをメドに損切りでしょう。

今日のレンジ想定は1ドル=110.00~112.20円を想定していますが、非農業部門雇用者数、平均時給が共に予想を大きく上回るなら、おっかけ買いで日足ベースの112.80~113.00円で利食いするトレードを狙っても良いと思います。

繰り返しになりますが、米中貿易交渉の進展期待は相場全体を支えそうですから、まずはそれを意識して押し目・ロングで攻略したいと考えています。
有料メルマガ好評配信中! 初月無料です

【関連】世界が認める景気鈍化を、なぜ日本政府だけは認めない?海外投資家は日本株を投げ売りへ=近藤駿介

【関連】日本の借金拡大は問題なし?世界が苦笑するトンデモ理論「MMT」を真顔で実験するアベ・クロ=今市太郎

【関連】「もう印鑑やめようよ」の声を黙殺へ。デジタル手続法案が印鑑業界の圧力に屈したワケ

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2019年4月5日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」

[月額1,980円(税込) 毎週日曜日]
ゆきママの視点から、毎週の為替相場見通しやチャート分析、トレードアイディアなどを提供します。解りやすい解説を心がけていますので、ぜひ初心者の方もお読みいただければ幸いです。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー