fbpx

「日本の消費税は欧州よりもかなり安い」は大嘘、税率だけの比較に騙されるな=大村大次郎

少子高齢化も政治のお粗末さが原因

日本の場合は深刻な少子高齢化社会になっているので、イギリス、フランス、ドイツなどとは状況が違う」と思っている人もいるでしょう。 が、実は少子化という現象は、日本だけのものではありません。むしろ、欧米の方が先に少子化になっていたのです。日本の少子化というのは1970年代後半から始まりました。一方、欧米では1970年代前半から少子化が始まっていました。

そして1975年くらいまでは、欧米の方が日本よりも出生率は低かったのです。つまり、40年以上前から少子高齢化というのは、先進国共通の悩みだったのです。

が、この40年の間、欧米諸国は子育て環境を整えることなどで、少子化の進行を食い止めてきました。1970年代の出生率のレベルを維持してきたのです。だから、日本ほど深刻な少子高齢化にはなっていません。

一方、日本では、待機児童問題が20年以上も解決されないなど、少子化対策をまったくおざなりにしてきました。そのために、1970年代から出生率はどんどん下がり続け、現在、深刻な少子高齢化社会となっているのです。これを見ても、日本の政治がいかに愚かかわかるはずです。 日本はこの40年の間に、莫大な財政赤字を貯め込んでいます。そのお金は何に使われたのかというと、本州と四国の間に3本も橋を架けたり、各都道府県に空港を作ったり、新幹線を各地に張り巡らしたりしていたわけです。

こういう愚かな日本の政治状況を、何の改革もせずに、ただただ消費税を上げるだけでは、日本は完全に壊れてしまうはずです。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】秋の消費税上げ決定で、日本は先進国でもっとも早く大不況へ突入か=今市太郎

<初月無料購読ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

※2019年6月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年6月配信分
  • 「E-TAXをやってみた」「消費税のラスボスは財務省」(6/1)

いますぐ初月無料購読!

image by:Christian Mueller / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』2019年5月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込324円)。

2019年5月配信分
  • 「消費税増税対策その3」「ヨーロッパ諸国の間接税と日本の消費税はまったく違う」(5/16)
  • 「消費税増税対策その2」「日本の消費税の増税を欧米諸国はどう見ているのか?」「スペイン無敵艦隊は消費税によって沈んだ」(5/1)

2019年5月のバックナンバーを購入する

2019年4月配信分
  • 「消費税増税対策その1~チケットは事前に買っておくべし~」「“公共事業を増やしさえすれば日本経済はよくなる”という愚論」(4/16)
  • 「消費税を払わずに買い物をする方法3」「簡易課税は税務調査されにくい?」「『日本の財政赤字は社会保障費が原因』という嘘」(4/1)

2019年4月のバックナンバーを購入する

2019年3月配信分
  • 朝日新聞が消費税推進派に転向したトンデモない理由(3/16)
  • 「接待交際費に気を付けて」「中国脱税事情」(3/1)

2019年3月のバックナンバーを購入する

2019年2月配信分
  • 昨日の記事に誤りがありました(2/17)
  • 「青汁王子の脱税」「実は恐ろしい“子無し夫婦”の相続」(2/16)
  • 「税務署員の窃盗事件」「なぜ景気のいい社長は中古ベンツに乗るのか?」(2/1)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分
  • 「起業者必見!消費税を4年間支払わない方法」「GAFAの課税漏れ」(1/16)
  • 「相続税は税額ゼロなら申告しなくてもいい?」「なぜ先進国で日本人の賃金だけ下がっているのか?」(1/1)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分
  • 「相続税より高い“隠れ相続税”とは?」「我々はなぜ“いざなぎ超えの好景気”を実感できないのか?」(12/16)
  • “日本の金持ちの税金は高い”という大誤(12/1)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • もう一度消費税について考えてみよう(11/16)
  • 「片山さつき議員の口利き疑惑の背景」「高級外車の売却益を隠す脱税」「海外資産隠しは減るのか?」(11/1)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 「食事代を経費で落とす方法1~昼食代~」「徳島県とアフリカの下水道普及率はほぼ同じ」(10/16)
  • 「相続税対策で一番気を付けなくてはならないこと」「なぜ日本の無電柱化は韓国よりも遅れているのか?」(10/1)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • 「パナソニックのタックスヘイブン戦略」「日本はオワコン‥企業も“少子高齢化”が進む」(9/16)
  • 「知らない間に相続税は大減税されていた!」「密輸による消費税の脱税」(9/1)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分
  • 「アパート経営は本当に相続税対策になるのか?」「ノルマに追われる国税調査官」(8/16)
  • 「親の家を無税で相続する方法」「なぜ日銀の金融緩和はデフレに効かないのか? 」(8/1)

2018年8月のバックナンバーを購入する

【関連】富裕層の税逃れ、なぜ無罪放免に? 元国税が暴く脱税した者勝ちの実態=大村大次郎

【関連】年金は政府の皮算用で崩壊へ。なぜ今、国民に「老後2,000万円の不足」を突きつけたのか

1 2 3

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

大村大次郎の本音で役に立つ税金情報

[月額330円(税込) 毎月15日]
元国税調査官で著書60冊以上の大村大次郎が、ギリギリまで節税する方法を伝授。「正しい税務調査の受け方」や「最新の税金情報」なども掲載。主の著書「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー