fbpx

少子高齢化は人災。歴代政権が続けてきた子育て世代「冷遇」の結果だ=大村大次郎

「米百俵の精神」と真逆だった小泉内閣

小泉純一郎氏は、2002年に首相に就任したときに、所信表明演説の最後に「米百俵の精神」を説きました。「米百俵の精神」というのは、明治維新直後の長岡藩では、藩士たちの生活が困窮し、救援のために米百俵が届けられましたが、長岡藩の当時の指導者は、この米百俵を藩士に支給せずに売却し学校をつくったという話です。

小泉純一郎氏は、この話を引用し、将来の日本のために今の苦しい生活を我慢して欲しいと国民に訴えました。世間的に非常に話題になりましたので、覚えている方も多いはずです。

が、この米百俵の精神で教育の大切さを説いていた小泉純一郎氏は、首相在任中に、国公立大学の授業料を2倍近く引き上げているのです。また先にご紹介した「配偶者特別控除を廃止したのも小泉内閣でした。

小泉内閣は、その一方で、投資家の税金を所得税、住民税を合わせて10%にするという、先進国では例を見ないような投資家優遇税制を敷きました。その結果、株価は上昇し、数値の上では景気はよくなったように見えましたが国民生活はどんどん悪くなっていったのです。

以前、このメルマガでもご紹介しましたが、公益法人「1more baby 応援団」の既婚男女3,000名に対する2018年のアンケート調査では、子供が2人以上欲しいと答えた人は全体の約7割にも達しています。しかし、74.3%の人が「2人目の壁」が存在すると回答しているのです。

「2人目の壁」というのは、子供が1人いる夫婦が、本当は2人目が欲しいけれど、経済的な理由などで2人目をつくることができないということです。この「2人目の壁」をつくってきたのは、間違いなく、この国の愚かな政治家たちだったのです。

日本という国は、世界有数の金持ち国です。バブル崩壊後も決して日本経済は悪くなく、国民1人あたりの外貨準備高は断トツの世界一、国民純資産(資産から負債を差し引いた金額)も同じく断トツの世界一。そして日本企業も、断トツ世界一の利益準備金を保有していますし(人口比換算)、億万長者(100万ドル以上の資産保有者)の人口割合も世界一なのです。実質的に世界一の金持ち国と言っていいでしょう。

にもかかわらず、若い夫婦がたった2人の子供を育てることさえ出来ないのです。今の日本と言う国が、いかに富が偏在しているか、いかに必要な人にお金が回っていないかということです。今の日本に必要なのは、「経済成長ではなく、「経済循環」なのです。もう富は十二分にある、その富をちゃんと分配していないことが問題なのです。

しかし今の日本の政治というのは、相変わらず「経済成長」を目標にしています。政治家たちが、いかに社会が見えていないかということです。これ以上、日本が富を集めれば、世界中から嫌われます。日本がこれだけ富を集めているのに、若い夫婦がたった2人の子供さえ持てない社会となっていることは、世界的な大恥なのです。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】ファーウェイは死んでも潰さない。一般人が悪びれもせず知的財産を盗む中国の恐ろしさ=鈴木傾城

<初月無料購読ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

※2019年6月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年6月配信分
  • 「フリーランス、中小企業が消費税を免れる方法」「少子高齢化は人災である」(6/16)
  • 「E-TAXをやってみた」「消費税のラスボスは財務省」(6/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』2019年6月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込324円)。

2019年5月配信分
  • 「消費税増税対策その3」「ヨーロッパ諸国の間接税と日本の消費税はまったく違う」(5/16)
  • 「消費税増税対策その2」「日本の消費税の増税を欧米諸国はどう見ているのか?」「スペイン無敵艦隊は消費税によって沈んだ」(5/1)

2019年5月のバックナンバーを購入する

2019年4月配信分
  • 「消費税増税対策その1~チケットは事前に買っておくべし~」「“公共事業を増やしさえすれば日本経済はよくなる”という愚論」(4/16)
  • 「消費税を払わずに買い物をする方法3」「簡易課税は税務調査されにくい?」「『日本の財政赤字は社会保障費が原因』という嘘」(4/1)

2019年4月のバックナンバーを購入する

2019年3月配信分
  • 朝日新聞が消費税推進派に転向したトンデモない理由(3/16)
  • 「接待交際費に気を付けて」「中国脱税事情」(3/1)

2019年3月のバックナンバーを購入する

2019年2月配信分
  • 昨日の記事に誤りがありました(2/17)
  • 「青汁王子の脱税」「実は恐ろしい“子無し夫婦”の相続」(2/16)
  • 「税務署員の窃盗事件」「なぜ景気のいい社長は中古ベンツに乗るのか?」(2/1)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分
  • 「起業者必見!消費税を4年間支払わない方法」「GAFAの課税漏れ」(1/16)
  • 「相続税は税額ゼロなら申告しなくてもいい?」「なぜ先進国で日本人の賃金だけ下がっているのか?」(1/1)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分
  • 「相続税より高い“隠れ相続税”とは?」「我々はなぜ“いざなぎ超えの好景気”を実感できないのか?」(12/16)
  • “日本の金持ちの税金は高い”という大誤(12/1)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • もう一度消費税について考えてみよう(11/16)
  • 「片山さつき議員の口利き疑惑の背景」「高級外車の売却益を隠す脱税」「海外資産隠しは減るのか?」(11/1)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 「食事代を経費で落とす方法1~昼食代~」「徳島県とアフリカの下水道普及率はほぼ同じ」(10/16)
  • 「相続税対策で一番気を付けなくてはならないこと」「なぜ日本の無電柱化は韓国よりも遅れているのか?」(10/1)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • 「パナソニックのタックスヘイブン戦略」「日本はオワコン‥企業も“少子高齢化”が進む」(9/16)
  • 「知らない間に相続税は大減税されていた!」「密輸による消費税の脱税」(9/1)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分
  • 「アパート経営は本当に相続税対策になるのか?」「ノルマに追われる国税調査官」(8/16)
  • 「親の家を無税で相続する方法」「なぜ日銀の金融緩和はデフレに効かないのか? 」(8/1)

2018年8月のバックナンバーを購入する

【関連】富裕層の税逃れ、なぜ無罪放免に? 元国税が暴く脱税した者勝ちの実態=大村大次郎

【関連】年金は政府の皮算用で崩壊へ。なぜ今、国民に「老後2,000万円の不足」を突きつけたのか

1 2 3 4 5

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

大村大次郎の本音で役に立つ税金情報

[月額330円(税込) 毎月15日]
元国税調査官で著書60冊以上の大村大次郎が、ギリギリまで節税する方法を伝授。「正しい税務調査の受け方」や「最新の税金情報」なども掲載。主の著書「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー