fbpx

債券が買われ、株や原油は大暴落…米中貿易戦争の悪化でリスク回避の動きが加速=久保田博幸

トランプ大統領が中国製品に10%の追加関税を課すとツイートしたことで、金融市場の状況が一変。昨日の米10年債利回りは1.89%と前日の2.01%から大きく低下した。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

トランプ大統領が中国製品に追加課税、中国も対抗措置へ

リスク回避で債券が買われ、米日欧それぞれ利回りが低下

8月1日の米国時間の午後に、トランプ大統領が3,000億ドルの中国製品に9月1日から10%の追加関税を課すとツイートしたことで、金融市場の状況が一変した。

1日の米債はリスク回避の動きから、10年債利回りは一時、2016年11月以来の低水準に低下し、2%の節目を大きく割り込んだ。昨日の米10年債利回りは1.89%と前日の2.01%から大きく低下した。

原油先物相場は大幅に反落、ここ4年余りで最大の下げとなった。この日のダウ平均は280ドル安、ナスダックは64ポイントの下落となった。

中国外務省が2日、中国は対抗措置を取らざるをえないと報復を示唆したことから、2日の米国株式市場は米中貿易摩擦が厳しくなるとの懸念が広がり、ダウは98ドル安、ナスダックも107ポイントの下落に。対中貿易戦争の激化懸念から米債には引き続きリスク回避による買いが入り、2日の米10年債利回りは1.84%に低下した。

米国時間5日午後には、中国商務省が米国からの農産品の購入を一時停止する制裁措置を発表した。

さらに中国当局が元安を容認したとの見方から人民元は一段安となった。これについて
トランプ大統領はツイッターで為替操作だと断言し、「中国をやがて大きく弱らせる重大な違反だ」と非難した。

そして、米財務省は5日、中国を「為替操作国」に指定したと発表した。トランプ大統領の指示であろう。

5日のダウ平均は767ドル安、ナスダックも278ポイントの下落となった。リスク回避姿勢が強まり、米債は買い進まれ米10年債利回りは1.71%に低下した。

外為市場ではリスク回避による円買いが進み、米財務省は5日、中国を「為替操作国」に指定したこともあり、ドル円は一時105円半ばに下落している。また、5日から韓国のウォンも急落するなど、リスク回避の動きがあちらこちらに波及しつつある。

欧州では国債利回りが低下し、ドイツやフランスとオランダの10年債利回りは過去最低を更新した。

ECからの離脱問題を抱える英国の10年債利回りも5日に一時0.49%まで低下し、2016年8月に付けていた過去最低を更新した。

日本の10年債利回りも5日にマイナス0.2%と日銀の長期金利コントロールの下限に低下してきている。

今回の世界的なリスク回避の動きはさらに深みにはまるのか。今回の市場の動きは、景気実態を反映しているというよりも、米中の関係悪化による世界経済への影響が懸念されていることが大きい。

ここに日韓関係の悪化なども加わり、ひとまずリスクの高いものから低いものへの資金シフトが一斉に起きている

ここまで金融市場のリスクが高まるとなれば、日米欧の中央銀行も何らかの措置を執らざるを得なくなろう。

しかし、その前に米中の関係改善に向けて、日本を含め各国が働きかける必要がある。それで言うことをきく相手ではなさそうなのが、さらにリスク回避の動きを強めかねないことも確かなのだが。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】トランプ、中国を為替操作国認定。故意の元安で日本・EUも巻き込む為替世界大戦勃発へ=今市太郎

【関連】水の安全を民間に丸投げ。水道民営化「知らない」が日本人の69.3%というヤバさ=三宅雪子

【関連】日韓対立、説明不足で日本が負ける?経済的には有利だが、歴史問題が絡むと非難殺到=高島康司

image by : ImageFlow / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2019年8月6日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい