fbpx

日本メディアが報じない香港デモの緊迫化、人民解放軍投入で金融市場は壊滅へ=今市太郎

香港デモ隊と警察の衝突が激しさを増しています。すぐにでも人民解放軍が介入しそうなまずい勢いが見え始めており、金融市場にも不安が広がっています。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年8月2日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

香港デモ隊「5つの要求」は通るのか?内戦状態に突入する恐れも

警察とデモ隊の衝突が「内戦」へ

FOMCの利下げや米中貿易交渉の行方ばかりに気をとられてきた7月相場。しかしどうも香港情勢が一段と悪化しているようで、この夏が終わらないうちに香港に人民解放軍が介入してしまいそうなまずい勢いが見え始めています。

傘を差した市民がデモを繰り広げて一旦香港政府を押し返したあたりまでは、市民パワーの勝利といった雰囲気を醸成してきていました。

ところが、足元の警察と市民のデモ隊との衝突はだんだんと暴動の域に達する様になっており、いよいよ習近平が動きだすのではないかといった憶測が高まりつつあります。

現地から発信される映像を見ていますと、かなり緊迫した時間帯に入っていることは間違いなさそうです。

それほど時間をかけずに、人民解放軍が投入されることで内戦状態になる危険性が相当高まっているといえます。

デモ隊の要求は概ね5つ

香港メディアなどが報じている内容によりますとデモ隊の要求は以下の5つと見られています。

  1. 逃亡犯条例改正の完全撤廃
  2. 独立調査委員会の設立と警察による暴行責任の追及
  3. 抗議者への監視や検問の停止と撤回
  4. 6月12日に行われた集会を「暴動」と位置づけたことの撤回
  5. 林鄭月娥行政長官の辞任と普通選挙の実現

しかし、こうした内容を許せば、香港は中国本土とはまったく異なる管理体制を許すことになります。

ですから習近平が「はいそうですか」と許容するはずはなく、デモがエスカレートする中では、どこかで中国人民解放軍が完全制圧に乗り出す可能性はかなり高くなってきているといえます。

しかも、制圧が始まれば、デモ隊の排除首謀者の摘発は至極簡単そうに見え、香港の街がいきなり戒厳令が敷かれた別の様相に変化してしまうことが予想されます。

Next: 金融市場に大打撃。香港発の大暴落もありえる状況に…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい