fbpx

プラカードには日本語を書くべし!=佐藤健志

学生団体「SEALDs」などのデモでよく目にする、英語のスローガンが書かれたプラカード。作家・評論家の佐藤健志さんは「『政治について考えてほしい』旨を、本当に訴えたいのであれば、プラカードのスローガンは日本語にしたほうが、よほど効果的ではありませんか」と問題提起します。

記事提供:『三橋貴明の「新」日本経済新聞』2016年2月17日号より
※本記事のリード文はMONEY VOICE編集部によるものです

プラカードには日本語を書くべし!

三週間のご無沙汰でした。
2月末、徳間書店より刊行される新著の仕上げ作業に追われ、記事を書く時間が取れなかった次第です。

この本については、追ってご紹介してまいりますが、
「僕たちは戦後史を知らない 日本の『敗戦』は4回繰り返された」(祥伝社、2013年。http://amzn.to/1lXtYQM)の歴史分析と、
「愛国のパラドックス 〈右か左か〉の時代は終わった」(アスペクト、2015年。紙版http://amzn.to/1A9Ezve、電子版http://amzn.to/1CbFYXj)の政治分析を融合させ、さらなる領域へと踏み込んだもの。

過去数年の思索の集大成にして、新たな突破口となる本です。
ご期待下さい!

・・・さて。

朝日新聞デジタルに、こんな記事が画像、および動画つきで出ていました。

「みんな選挙に行って」 渋谷区で学生団体らデモ
学生団体「SEALDs」や首都圏反原発連合など25の市民団体が集い主催したデモが14日、東京都渋谷区であった。代々木公園近くをスタートした参加者たちは、音楽のリズムに合わせ「野党は共闘」「選挙に行こうよ」などと声を上げながら、約4キロの道のりを歩いた。渋谷のスクランブル交差点や表参道、JR原宿駅前では多くの通行人が、デモ隊にカメラを向けるなど、注目していた。
参加した都内の男子大学生(21)は「きっかけはデモでいい。沿道から見てくれていた人たちも、みんな選挙に行って、政治について考えてくれたら」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASJ2G6K53J2GUQIP00Z.html

むろんこれは、現政権に反対するデモです。
そのこと自体はべつに良いのですが、記事に添えられた画像(全5点)を眺めているうち、面白いことに気づきました。

参加者の持っているプラカードの中に、英語のスローガンが書かれたものがやたらと多い。
たとえば。

GO VOTE SAVE OUR FUTURE(選挙に行って未来を救おう)
NO WAR JUST PEACE(戦争反対、平和あるのみ)
FOR OUR FUTURE UNITE(未来のために団結しよう)
MAKE SOME NOISE TOKYO(東京から声をあげよう)
OUR FUTURE OUR CHOICE(未来はみんなで選ぶもの)
I can’t believe we are still protesting THIS SHIT(今でも、こんなことに抗議しなければならないなんて信じられない)
TAKE BACK DEMOCRACY(民主主義を取り戻せ)

それから1970年代初頭にジョン・レノンも唱えた、このスローガン。
WAR IS OVER IF YOU WANT IT(平和を願う心が戦争を終わらせる)

最後の部分は、別のプラカードに隠れてよく読めませんでしたが、
CHANGE THIS TIME FOR THE BETTER(今度は物事を良い方向に変えよう)
とおぼしいものもありました。

これにたいする日本語のスローガンはどうか。
民主主義は止まらない。それを望む人たちがいる限り。
安保法制反対
安倍政権NO!!!
平和好き 憲法好き 安倍嫌い
ぐらいしか見つかりません。
しかも英語のプラカードより数まで少ない。

いや、英語のスローガンの下に日本語が書かれている場合もありますよ。
画像には映っていないところに、日本語のプラカードがいろいろあった可能性も考えられる。
現に動画を見ると、「野党は共闘」というプラカードがけっこう出てきます。
だとしてもこのデモ、かなり「英語化」されたものであることは否めないでしょう。

とはいえ、なぜ英語なのでしょうか?
「みんな選挙に行って、政治について考えてくれたら」と言いますが、日本国の選挙権を持っているのは日本国民だけ。
わが国の公用語は日本語です。
「政治について考えてほしい」旨を、本当に訴えたいのであれば、プラカードのスローガンは日本語にしたほうが、よほど効果的ではありませんか。

Next: 「現政権に反対するデモに英語のプラカードなど持ってゆけないはず」

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい