fbpx

攻める日銀に為替・株式市場は無反応…来年の国債保有残高は増加10兆円以下の可能性=久保田博幸

日銀は2日の国債買入にて、残存10年超25年以下のオファー額を200億円減額させてきた。攻めの体制を見せる日銀だが、為替市場も株式市場も反応はほとんどない。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

長期国債の買入を減額し、攻める日銀?

日銀が残存10年超25年以下のオファー額を200億円減額

日銀は2日の国債買入にて、残存10年超25年以下のオファー額を前回の1,400億円と前回の1600億円から200億円減額させてきた。残存25年超は400億円とこちらの買入予定額は前回から据え置かれた。

先週30日の国債買入では、残存5年超10年以下の国債買入を前回から500億円減額した。減額はあっても200億円か300億円との見方が強かったが、500億円という金額はサプライズであった。

同日夕方に発表された9月の国債買入予定でも、それが反映されたものとなった。しかし、超長期ゾーンの買入レンジ等は据え置かれていた。このため、長期ゾーンの大幅減額があったので、当面の国債買入は現状維持かと思っていたが、さらなる減額を連続して行ってきた

たまたまかもしれないが、まさに日銀は攻めてきているようにみえる。30日の長期ゾーンの国債買入減額も、2日の超長期ゾーンの減額も、債券先物は多少動いたものの、ドル円や日経平均に動揺はみられないどころか、ほとんど無視された格好となった。

相場をみているとわかるが、市場はその時々で注目するものが変化する。材料に対する感応度の変化を体感できないと、少なくとも短期的なトレーディングはできない。日銀の国債買入に対する外為市場や株式市場の感応度はここにきて極度に低下しているといえる。

再び日銀の金融政策への注目度が上がれば、反応は違ってくるかも知れないが、少なくとも日銀の金融政策の量に対しては以前に比べて関心は失われている。

現在の日銀の金融政策の政策目標は、マネタリーベースとか当座預金残高といった量ではない。

短期金利と長期金利という金利となっている。このため、政策の変化はこの金利の動きが注目されている。

それでも日銀はいまだに「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」という看板と「(長期国債の)買入れ額については、保有残高の増加額年間約80兆円をめどとしつつ」という表現は据え置いている。しかし、このペースだと来年の保有残高の増加額は80兆円に満たないどころか、このままのペースでは10兆円以下になる可能性がある。

日銀は少なくとも量については非常時の対応から平時の対応に戻してきているといえる。あとはETFなどの買入もタイミングを見て削減したいところではあるが、こちらのタイミングは難しい。

さらにオーバーシュート型コミットメントについても修正を加え、いずれマイナス金利そのものも修正すべきではあるが、こちらがあってこその量の調整が可能との見方もあるかもしれない。兼ね合いが難しいところでもある。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜジム・ロジャーズは日本株を全部売った?天才投資家が警告する日本衰退の元凶とは=花輪陽子

【関連】米中貿易戦争は市場に織り込み完了、今年1月以来の買いシグナル点灯で米株は買いか?=江守哲

【関連】若者に年金生活なし。選挙対策で発表を遅らせた年金財政検証で見えた悲惨な老後=斎藤満

image by : ChristianChan / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2019年9月3日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい