fbpx

コンビニなら「楽天ペイ」一択? 消費増税後のキャッシュレス還元で勝ち組になる方法=岩田昭男

10月1日からの「キャッシュレス・消費者還元事業」の対応をコード決済事業者が次々と発表している。消費増税の負担をもっとも軽減してくれる決済方法は何か?(『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』岩田昭男)

※有料メルマガ達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』好評配信中!ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:岩田昭男(いわたあきお)
消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学卒業。月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。著書に「Suica一人勝ちの秘密」「信用力格差社会」「O2Oの衝撃」など。

大手コンビニに強い楽天ペイ、最大8%還元でPayPayを迎え撃つ

還元合戦がはじまった

10月1日からの「キャッシュレス・消費者還元事業」の対応をQRコード決済各社が次々と発表しています。

政府は、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗に対して、2020年6月末までの9カ月間5%ポイント還元(フランチャイズチェーン店は2%)を行いますが、QRコード各社はその事業スキームに独自サービスを加えて、この機会に顧客基盤を広げようと知恵を絞っています。

その派手な駆け引きが連日ワイドショーに取り上げられて話題になっています。

オリガミペイは得意の「即時割引」でアピール

9月20日に発表されたのがオリガミペイです。オリガミペイはこれまで即時割引サービスを打ち出して人気を博してきましたが、今回もその方針は変わりません。

いつでもその場で3%OFF」キャンペーン(実施期間は2019年10月1日〜2020年1月31日)として継続して行くことになりました。

その内容は、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗において、オリガミペイの支払いで、政府の5%ポイント還元(フランチャイズチェーンでは2%ポイント還元。最大還元2,000ポイント)を得られるだけでなく、3%の即時割引(最大割引額3,000円)も受けられ、両方で合計8%のポイント還元になるというもの。

PayPayの「消費者還元事業」対象店舗の10%ポイント還元には及びませんが、3%の即時割引があるので、ポイントを貯めるのが億劫で、すぐにお得を取りたい人にはおすすめです。

また、新規ユーザーを対象に50%OFFクーポン(上限500円)が抽選でもらえる「Origamiでキャッシュレスデビューを応援キャンペーン」も同時開催されます(キャンペーン期間は2019年10月1日〜2019年10月31日)。

オリガミペイは全国の地銀や信用金庫と組んで銀行系ペイの発行をサポートする戦略でQRコード決済の普及に努めています。その点では地方で広がりを見せるPayPayとの競争が激しくなるかもしれません。

Next: 大手コンビニに強い楽天ペイ、最大「8%還元」でPayPayを迎え撃つ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい