fbpx

大家さん必見!入居者が「認知症」になった場合のベスト対応って?=姫野秀喜

新たな認知症専門不動産ビジネスも?

今後は大家が認知症の方の入居を拒否したりする一方で、高額な家賃で認知症専門に貸し出す新たな形態も出るかもしれません。

また現在では認知症の入居者に対応するための教育を行っている不動産管理会社もあります。さらに一歩踏み込んで、認知症専門の不動産管理会社なんてのもニッチに成立する可能性もあります。

認知症リスクに見合った不動産運用を

最後に不動産投資は慈善事業ではありません。利益を出すことが目的です。認知症というリスクをいたずらに恐れるのではなく、リスクに見合ったリターンの設定を行い運用する必要があります。

単なる認知症の否定ではなく、家賃を上げる、敷金を3倍にする、定期借家にする、認知症に対応できる管理会社にする等、適切な対応を考えていきたいですね。
※法的にはケースバイケースですので、個別の法的判断は専門家にご相談下さいね

【関連】“高利回り”店舗物件への投資をローリスクにする、たった1つのポイント

1 2

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2016年3月2日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー