fbpx

狙った銘柄をいつ買えばいいの?3本の移動平均線を使った売買タイミングの読み方=山田健彦

日足チャートでは移動平均線の向きとそれらの位置関係を重視

「これ、良いかな~」と思っている銘柄でも日足チャートで5、25、75日移動平均線が全て下向きのものはパス。このような銘柄は5日移動平均線が上向きに転じてから買っても遅くはありません。

無論、その時点で引き続き売買代金上位ランキングに名を連ねていることが条件です。

5日移動平均線が25日移動平均線の下に位置している状態では、5日移動平均線が上向きでも25日移動平均線が下向きのままなら、株価は25日移動平均線近辺で打ち返され、再度の株価下落となる事が多いので、買い出動する際も25日移動平均線より株価がかなり下にあるか、または株価が25日移動平均線を明確に上抜けた所で参入。その際に「売買代金上位ランキング」にその銘柄が入っていることは必須の条件。

5、25、75日移動平均線が全て上向きで、各移動平均線の位置関係が、5日>25日>75日という理想的な形でも、ほぼ日替わりで陽線と陰線が交互に出現し、5日移動平均線が上向きから横向きに転じる雰囲気が出ているときはパス。

25日移動平均線の下に上向きの5日移動平均線が位置し、株価が25日移動平均線を上抜けたものの、何となく株価上昇の勢いが感じられないときはパス。

前日比で余りにも良く値上がりしたもの(目安としては10パーセント以上)は、パス。

他にも目配りをしている点は多々あるのですが、代表的な例としては大体こんなものです。

今は先行き不透明な状況なので、儲からない可能性が少しでもあるものには手を出さない、というスタンスが大事です。

何らかのご参考になれば幸いです。

(注)上記は筆者がある程度の確信を持って実践している作戦ですが、これが絶対で他の方法は全て間違っている、というつもりはありません。事実、筆者はこの方法で損を出して撤退した事もあります。またこの作戦は市場の変化に応じて少しずつ修正していっています。読者の方々のご参考となれば幸いです。

【関連】チャイナ・ショック以下のISM製造業指数も株価復活…米国経済は何で崩壊するのか?=栫井駿介

【関連】サイバー・バズは事業を成長させるため、クライアントではなく消費者目線になれるか

【関連】社債分野で巨大に膨れあがるバブルはいつまで保つ?FRBが握る、アメリカ経済の行方=藤井まり子

image by : tomertu / Shutterstock.com

1 2

資産1億円への道』(2019年10月15日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

資産1億円への道

[無料 ほぼ 週刊]
資産が1億円あるとゆとりある生活が可能と言われていますが、その1億円を目指す方法を株式投資を中心に考えていきます。株式投資以外の不動産投資や発行者が参加したセミナー等で有益な情報と思われるものを随時レポートしていきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー