fbpx

産地直送のゴージャスで美味しいフルーツの株主優待銘柄 5選【株主優待到着レポ】

人気のシャインマスカットもセレクトできるカタログギフト

エスリードはマンション企画開発や販売を柱に、近畿圏での供給戸数トップ級を誇ります。森トラストの連結子会社ででもあるこちらの株主優待は、季節の旬なものが選べるカタログギフトです。なかでもフルーツの割合が多くなっています。

《優待銘柄情報》
エスリード<8877>
最低単元購入価格:20万3,300円(※11月14日終値)権利付き最終日:3月末
《優待内容》
★チョイスギフト(カタログギフト)※商品点数42点から1点選択
100株以上 3,000円相当

エスリード

エスリード(カタログ)

カタログにはフルーツ以外の選択肢もありますが、私の中ではお気に入りのフルーツ優待銘柄となっているため、今回セレクトしました。

その時の気分で好きなものを選べるのがカタログギフトの利点ですね。私は過去にシャインマスカットを頂きましたが、みずみずしくてとても美味しかったです。

2019年のカタログでは、桃や梨、ラ・フランスなどもあったので、他の優待ではもらったことのないフルーツを選んでみたいと思います。

優待投資の注意事項

▼11月末日が権利確定日の場合、今年は11月29日(金)。
権利付き最終日は11月27日(水)となります。

権利付き最終日(この日までに株を買っておく):11月27日(水)
権利落ち日(株を売ってもよい日):11月28日(木)
権利確定日:11月29日(金)

また、権利付き最終日の翌営業日は「権利落ち日(けんりおちび)」と呼ばれるので、こちらも一緒に覚えておきましょう。

※この記事は、あくまで優待の観点から銘柄を紹介しています。実際の投資判断はご自身の投資ルールを守って行ってください。

image by : Africa Studio / Shutterstock.com、トコタン

【関連】たった36銘柄の11月権利の優待銘柄で光る、QUOカード銘柄ベスト5【優待ランキング】

【関連】MTGから学ぶヤバい会社の見分け方…新規上場企業は特に注意が必要である理由とは?=栫井駿介

【関連】円安が日本経済に好影響を与える時代は終焉した?その背景にある、日本企業の変化=柴山政行

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー