fbpx

今年の相場は20、30代で約半数が勝ちを予想…2020年はAIやVRに期待【投資家アンケート】

今年1年の日本株式市場を総括し、来年以降の見通しについて探るため、全国の20~79歳の投資経験者1,000人を対象に、スパークス・アセット・マネジメント株式会社が2019年11月14日~16日の3日間、「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2019」をインターネットリサーチした結果をご紹介します。

アンケートに回答した1,000人の投資家は、今年の投資環境をどう感じ、来年の見通しをどのように受け止めているのでしょうか。

老後2,000万円問題をきっかけに、積極投資を進めたひとが多数

令和元年の投資損益は、投資家の44%が「プラス着地」を予想

現役投資家(790名)に、今年1年の投資の損益着地予想を聞いたところ、「大幅にプラス着地」は4.4%、「ややプラス着地」は39.5%で、合計した『プラス着地』は43.9%、「ややマイナス着地」は15.3%、「大幅にマイナス着地」は5.6%で、合計した『マイナス着地』は20.9%となりました。“乱”と表現された2019年の株式市場でしたが、結果的にはプラスの着地に落ち着くと予想している人が多いようです。

過去の調査結果と比較すると、『プラス着地』と回答した人の割合は、2017年62.0%→2018年34.0%→2019年43.9%と、昨年みられた下降傾向から一転、上昇に転じる結果となりました。

gazou14

年代別にみると、プラス着地を予想した人の割合が高かったのは20代(49.4%)と30代(49.7%)でした。20代や30代では、ロボアドバイザー投資やテーマ型投資の利用率が他の年代と比べて高い傾向がみられました(※編集注:記事未掲載のアンケート)が、新サービスに取り組むことで利益を出せたという人もいるのではないでしょうか。

gazou15

Next: 投資家が積極的に投資をしようと思った理由の1位は、老後2,000万円問題

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー