fbpx

日本株市場に新たに台頭してきた買い手とは?着実に増加してきた自社株買いの背景=若林利明

静かなる株式取得…取得のタイミングは株価調整期が中心

株主還元、M&A対策、役員、従業員むけ株式報酬制度等が自社株買いの目的とされています。とくに株主還元が最近強調されることが目立つようです。自社株買いにより取得した株は、一般的に金庫株と呼ばれます。そしてそれを消却することは、株主にとって歓迎すべきことになります。

計算上発行済み株式数は分母であり、分子に当たるのは純利益、純資産です。つまり、消却すれば一株当たりの利益(EPS)あるいは一株当たりの純資産価値(BPS)をより大きくすることになり、必然的に株価の底上げに通じることになるからです。この金庫株について、消却することなしにそれを有効利用することも可能です。当該企業がM&Aにより、ある会社の子会社化を目論む場合、新株発行を利用する場合もありますが、金庫株を使うことも可能となっているのです。

無論、株価操縦とならないためのいくつかの制約要因がありますが、それに準拠して実行されるとなれば、それは自社株式の有効利用となります。キャッシュフローが発生しないこの取引は財務的にも利点が多いといえます。

事業会社の自社株購入の動きはこうしてみると社会経済情勢を大きく反映したものです。その動きは当面継続すると思われます。投資家の立場からしても、市場株価に潜在的に根強い買い需要が生まれることは歓迎です。事業法人による自社株買いは目先の投資成果を求める内容で行われることはありません。

その購入動機から、じっくり株価に波風を立てないようにするという暗黙の了解のもとに進められていると思われます。前段の棒グラフを見ると外国人投資家の売り越し額が膨らむとき、事業法人の買いも膨らんでいるようです。結果的に程よい押し目買いとなっているようです。

※本記事は有料メルマガ『資産運用のブティック街』2020年1月7日号を一部抜粋・再構成したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【※ご注意】
今回は特別版として本編と同様の内容を配信いたしましたが、通常は有料マガジン『資産運用のブティック街』でフル版講座を配信しております。受講料は毎月500円(税抜)です。

投資判断はご自身で行ってくださるようお願いいたします。当講座は投資判断力を強化することを目的とした講座で投資推奨をするものではありません。当講座を基に行った投資の結果について筆者及びインテリジェント・インフォメーション・サービスは責任を負いません。

【関連】米国系ヘッジファンドの売買が70%を占める?東証がNYダウの株価に引きずられるワケ=吉田繁治

【関連】米国のイラン攻撃で金融市場に新たなリスクが表面化、米中貿易摩擦リスクは後退=久保田博幸

【関連】銘柄分散では儲からない…個別銘柄も定期的に同一金額で購入する「縦の分散投資」とは=山田健彦

imege by : Chaay_Tee / Shutterstock.com

1 2

資産運用のブティック街』(2020年1月7日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

資産運用のブティック街

[月額550円(税込) 毎月第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
資産運用は一部の人々の特別な関心事ではなくなりました。「資産運用のブティック街」はじっくり腰を落として、資産運用の柱というべき株式投資を学ぶ講座です。株式投資を真に身に付けるには以下の3つの要件が欠かせません。(1)中立の立場で提供(2)実務の専門家(講演の専門家ではない)による講義(3)もれのない体系だった講座当講座は大手経済新聞社OBを中心に、ファンドマネージャー、チャーチストが集結してこれら3つの要件を満たす学習講座を提供いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー