fbpx

米国のイラン攻撃で金融市場に新たなリスクが表面化、米中貿易摩擦リスクは後退=久保田博幸

日本が正月休みの最中、米国防総省はイラン革命防衛隊の精鋭組織コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表。新たなリスクの表面化へ。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

2020年の始まりにイラクと北朝鮮という新たなリスクが発現

米国防相がイラク・ソレイマニ司令官を殺害したと発表して市場は動揺

12月29日に米国のオブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は北朝鮮が長距離弾道ミサイルや核ミサイルの実験を行えば、米国は適切に対処するとの考えを示した。

米国防総省は12月29日に、イラクとシリアで、イランを後ろ盾とするイスラム教シーア派組織「カタイブ・ヒズボラ」の拠点5か所を空爆したと発表した。

これらを受けて昨年末の大納会となる12月30日の東京市場はリスク回避の動きから株安、債券高となっていた。

しかし、日本が年末年始の休みの最中にさらに衝撃的な出来事が起きていた。米国防総省は1月2日、イラン革命防衛隊の精鋭組織コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表したのである。

カセム・ソレイマニ司令官の暗殺によって、イランと米国の関係は、1979年に始まった米大使館人質事件以来の深刻な対立状態に陥ったとBBCが伝えたように、これはかなり深刻な事態となった。

トランプ大統領は4日、「イランが報復攻撃する場合、イランの52か所を攻撃目標地点とすることにした」と追加の攻撃を示唆した。

今回、何故トランプ政権がこのような強行手段に出たのか。何かしら米国への攻撃などの情報を得ていたのかどうかは不透明。今年の米大統領選挙や大統領への弾劾訴追などが影響していたのではとの憶測もあるが、実際のところは明らかではない。

トランプ大統領は1月5日に北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に関し「私との約束を破るとは思わないが、破るかもしれない」と述べたとも伝わった。

韓国政府当局者は5日、「米国はソレイマニ司令官除去を通じて、外交的に解決しなければ軍事的オプションを使用する可能性があることを明確に示した」ともコメントした。

あらためて中東の地政学的リスクが意識され、北朝鮮問題も絡んでくるような事態となってきたのである。

中東の地政学的リスクが意識されたことで原油価格は大きく上昇し、リスク回避の動きから円高が進行、株式市場は下落し、国債は買われている。

昨年まで注目されていた米中の貿易摩擦や英国のEU離脱については不透明感はやや後退してきていたが、今年は早々に新たなリスクが表面化し、これによって金融市場が動揺する事態となってきた。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】銘柄分散では儲からない…個別銘柄も定期的に同一金額で購入する「縦の分散投資」とは=山田健彦

【関連】2019年を代表する銘柄のひとつ、ワークマンはまだまだ成長する?グローバル展開に期待=藤井勝行

【関連】PERが高いときに買い、低い時に売るがなぜ正しい?好決算の銘柄に逆説が当てはまるワケ=山本潤

image by : rasoulali / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2020年1月6日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー