fbpx

2019年を代表する銘柄のひとつ、ワークマンはまだまだ成長する?グローバル展開に期待=藤井勝行

早いもので今年ももう終わり、今年の相場を振り帰ってみたいと思います。話題銘柄のワークマンと、日経平均のテクニカル面に焦点を当てて振り返ります。(『億の近道』藤井勝行)

プロフィール:藤井勝行(あすなろ投資顧問)
1991年中央大卒業後、山一證券で個人営業を担当。その後国内外の証券会社で機関投資家向けに日本株式セールスを担当、独自のファンダメンタル・チャート分析に定評がある。経済専門新聞や週刊誌、国内外情報ベンダー等に市況コメントを掲載し株式セミナー講師としても活躍。相場の本質を伝えることをモットーとする。

話題銘柄や日経平均を通じて、2019年の相場を振り返る

日経平均は12月17日の2万4,066円が高値、今後調整の目安は?

早いもので今年も残り少なくなりました。今年の相場を振り帰ってみたいと思います。

まずは日経平均に焦点を当てて振り返ります。(数字は終値ベース)

●昨年12/25に1万9,155円を付けてとんでもないクリスマスプレゼントとなりましたが、そこを起点として今年4/25の2万2,307円まで令和ムード漂うご祝儀的な相場で戻りを試しました。

GW明けはトランプ抱により急落してしまい、その後の安値は8/26の2万261円で止まりました。

●現在の相場はこの8/26の2万261円を起点とした戻り相場が継続中です。

8/26以降の調整値幅が今後は重要になって来ます。即ち現在の上昇トレンドがどこかで調整に入る時、目安になる目幅を観測しておきます。

どれくらいの値幅が下に出るとこの上昇トレンドに変調が起きて一旦休憩になるでしょうか?テクニカル面からのアプローチをしてみたいと思います。

8.26の2万261円を起点した相場の中で調整した値幅は、11/12の2万3,520円から11/21の2万3,038円の【482円】と、9/24の2万2,098円から10/3の2万1,341円の【757円】です。

この2つの調整値幅が重要になります。現在は12/17の2万4,066円が高値になっていますがこの高値から上記2つの値幅を拡大する値幅が出た時は要注意となります。

●8/26の2万261円を起点した相場は、この値幅の範囲内でおさまって来たので上昇トレンドが続きました。是非頭に入れておきたい数値です。

2万4,066円-482円=2万3,584円
2万4,066円-757円=2万3,309円

この2つの水準となります。

2万3,584円を下回ると2万3,309円に繋がり易く、2万3,309円を下回ると2万2,700円程度の調整が観測されます。

さて、個別銘柄では今年はこの銘柄を忘れるわけにはいきません。ワークマン<7564>です。

そう今年、TV・マスコミで話題になった銘柄ですが、この銘柄は昨年の9/1にあすなろ投資顧問でいち早く無料の株式セミナーでご紹介した銘柄なのです。ご紹介時に株価は2,915円(分割考慮)足元では1万530円(12/17)で引けています。

まず、この銘柄に目を付けたのは2018/8でした。年初からチャートは綺麗な下値切り上げ型を形成していたので目に止まりました、事業内容をより詳細に取材することにしたのです。取材して行くうちに興味が確信に変わり、大きな成長力を感じました。そして、9月1日の記念すべき第一回のあすなろ投資顧問主催の株式投資セミナーで私がご紹介する銘柄第一号に決めたのです。

Next: フランチャイズ展開に特徴、オンリーワンが強みのワークマン

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー