fbpx

世界の真ん中で輝かなかった日本の2019年~首相認識と国民感覚に大きな乖離=今市太郎

安倍首相は21日、『2019年報道写真展』を訪れて「日本が世界の真ん中で輝いた年になったのではないか」と発言。実態とも国民の認識とも大きく乖離しています。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年12月26日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

かつてない景気後退が訪れる?出生数激減が産業衰退の決定打に…

日本が世界の真ん中で輝いた?

安倍首相は21日に日本橋三越本店で開催中の『2019年報道写真展』を訪れ、約300点のニュース写真を鑑賞しました。そこで、ラグビーW杯で世界中のファンが来て「日本が世界の真ん中で輝いた年になったのではないか」などと耳を疑いたくなるような妄言を吐き捨てています。
※参考:安倍首相「日本輝いた年」 報道写真展を鑑賞:時事ドットコム(2019年12月21日配信)

毎年この報道写真展を訪れては1年を振り返って、どうでもいい耳障りの良いことを言い放ってお仕舞いにされているようです。

しかし、果たして本当に日本が世界の中で輝いた1年だったのでしょうか

巷では首相発言は実態と乖離しているという批判があるなかで、この御仁は本当に心からそう思っているのではないか?といったあきれ果てた発言も飛び交いはじめています。

決定的な乖離ができているのは、むしろ首相の目線国民感情なのではないかとさえ思うほど、国が直面している状況は相当悪化しているのが実情です。

さすがにこのメルマガで桜を見る会の問題点をいくら追及してみたところで、別に儲けが出るわけではありません。

ですから、もう少し国内の産業視点ということで、日本の企業がまったく輝かない2019年であったことをを振り返っておきたいと思います。

Next: 製造業はクルマ以外全滅。産業衰退は98年以降、凄まじい状況に凋落へ

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー