fbpx

夜の銀座で「気が利く」と好かれるホステスは何が違う?人付き合いを円滑にする一流の技とは

夜の銀座で認められる「気が利く人」

そして、私が夜の銀座で出会った気が利くと言われて人から大切にされている人は、どんな人なのかを思い返してみました。

そして、気がついたのが、私が夜の銀座で出会った「気が利く」と言われて人から大切にされる人は…

相手の立場に立って、
相手が求めていることを、
相手が言葉にする前に、
することができる人

ではないかと思いました。

気が利くホステスはどう動く?

私たちの仕事で例えるならば…、次のようなことかと思います。

お客様がおみえになってお席にお座りになったら、普段は温かいおしぼりをお渡しするのですが…。

真夏の暑い日でもお仕事で背広を着られるお客様。お店の扉を開けて入ってこられた時に、額に汗をかいていることがあります。

大人の社交場である夜の銀座には接待でみえている方が多く、背広をご自分からはなかなか脱ぎづらい…ということで、「今日も本当に暑かったですよね」と天気の話題を出しつつ、「よかったら、お上着もお預かりしましょうか?」と、お声を掛けたり、「いま冷房を強くするので、寒くなったら声を掛けて頂けたら…」と、部屋の温度を下げたり、風を強くしたり、お座りになった時に、冷たいおしぼりをお出しすることがあります。

また、お客様が扉を開けてお店にお入りになってからお席にお座りになるまでの間に、今日、そのグループ内で大事にしなくてはいけない方の優先順位を把握するよう努めています。

どうしたら知ることができるのか…。それは、お客様を見ていればわかります。

大事なお客様や目上の人と一緒で鞄やコートを自分のものより先に預かって欲しい時には、自分の鞄やコートを私たちに渡さず、先に受け取って欲しい相手を手のひらを上にして指し示して下さったり、「大切なお客様だから」と言葉で教えてくださったりします。

荷物を預け、入り口からお席に移動する時にも、その日、大切な人の順番で先を譲り歩き出します。そして、お席にお座りになる時も、席次を意識したり、大切なお客様の順番にお座りになったります。

大切なお客様の時には、ご予約の時やお店にみえたらすぐに、伝えて頂けた方が確実ではあります。

ですが、「今日は大切なお客様だから」とか「今日は接待だから」と言われなくても、お客様の仕草や言葉遣い、行動を見て、そのグループ内での優先順位を把握することが大切。

その後は、おしぼりをお渡しする順番も、お酒の飲み方をお伺いする順番も、お酒をお作りしてコースターに置く順番も、基本的にすべてのことをその優先順位を意識して行動します。

Next: 相手が喜び・楽しみ・驚くほどの「気の利く人」とは?

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー