fbpx

新型肺炎のピークは4〜5月?感染者すでに4万人の試算で見えた東京五輪中止と経済損失=今市太郎

新型肺炎の感染者は潜伏期間を含めるとすでに4万人を超えており、ピークは4〜5月頃との報道が出ました。そうなった場合、東京五輪の開催可否はどう判断されるのでしょうか。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年1月29日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

日本人の負債に?パンデミック下では、経済効果より損失の算定を

もうパンデミックは止められない?

コロナウイルスの発症は中国全土に広がっており、カナダをはじめとして海外でも発症者が増え始めている状況です。

WHOは非常事態宣言を出すためには人から人への感染の可否を重視したようですが、どうもヒトヒト感染は国内外で見つかり始めており、最悪の事態が進行中です。

現状ではこれといった特効薬があるわけではない中で、どうやって感染を食い止めるのかが世界的な問題になりつつあります。

国内では武漢への渡航歴のないバスの運転手の男性が発病しており、完全に人から人に感染することが証明されています。

ピークは4〜5月、感染者はすでに4万人以上に?

そんな中、香港大の梁卓偉・医学院長は、武漢におけるウイルス感染者は潜伏期の感染者も含めると約4万4千人にのぼる可能性があると発表。

さらに今後、感染者は重慶・北京・上海・広州などで急増した後、4〜5月ごろにピークを迎え、6月ごろから減少するとの見方を示しています。

もちろん試算に過ぎませんから、この通りの動きになるかどうかはまったく判りません。

また予想を超えた拡散になる可能性は高く、周辺国への飛び火もどうやら避けられない事態になってきていることは鮮明な状況です。

東京五輪「中止」の可能性

ここで注目されるのが、5月に新型肺炎のピークが世界的に起きた場合に、東京オリンピック・パラリンピックの開催の可否がどう判断されるかです。

7月24日の開会式の前までに鎮静化する可能性も残されますが、開催2か月前のあたりにピークに達した場合には、選手・観客ともに東京へやってこなくなる可能性は相当高くなります。

こうなると、まさかの中止も視野に入れていく必要が出てきているように思われます。

Next: 心を1つに全員団結して「開催中止」を決断すべき?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー