fbpx

なぜか米国でもトイレットペーパー不足?市場と政治を揺るがす新型コロナウイルス=高梨彰

米国株急騰に民主党予備選の結果を挙げる向きも多くあります。前副大統領ジョー・バイデン氏の躍進、復活です。その米国で、新型コロナ関連の気になる情報です。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2020年3月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

節操のない株式市場

今度はNYダウが1,200ドル近く上昇。何とも節操が無い相場です。値動きが荒いところに力業の金融・財政政策が入ってきたので仕方ない、と納得するしかないのでしょうか。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

選挙情勢はトランプツイートでよくわかる

また、米国株急騰に民主党予備選の結果を挙げる向きも多くあります。前副大統領ジョー・バイデン氏の躍進、「復活」です。代わりと言っては何ですが、同じ中道派のブルームバーグ氏はまったく歯が立たず、バイデン氏支持と自身の撤退を表明しました。

この一連の動きを日本から見るに当たって、参考にしている「評論家」がいます。ドナルド・トランプという人です。

下品な表現が多いので、出来ることなら避けたいトランプのツイート。でも、他人の事は率直に伝えるので、残念ながら役に立ちます。

因みに、トランプツイートでは、それぞれの人に対して揶揄したニックネームが付きます。

バイデン氏:sleepy(ねむたい)
左派のサンダース氏:crazy(おかしい)
ブルームバーグ氏:mini(ちいさい)
女性候補のエリザベス・ウォーレン氏:Pocahontas(ネイティブ・アメリカンにみられる呼び名。映画「ポカホンタス」も有名です)

また前回大統領選にて争ったヒラリー・クリントン氏には、‘crooked’(ねじ曲がった輩)と名付けています。今でもトランプ大統領はヒラリーの不人気な部分を活用すべく、折に触れてヒラリーにケチを付けるツイートをしています。

さて、そんなトランプツイートの中で、‘mini Bloomberg’の(多分テレビの)討論を、彼は酷評していました。「ありゃ駄目だ」と。

事実、ブルームバーグ氏は惨敗です。独自データも事前に入手しているのでしょうが、畏れ入ります。

マンハッタンでもコロナ感染でトイレットペーパー不足?

巷が新型コロナウイルス関連ニュースばかりなので、毛色を変えてみました。それでも、関連ニュースで気になったことを1つだけ。NYの感染者に関する話です。

マンハッタンに勤務する男性がウイルスに感染、家族も皆さん陽性だそうです。

この家族の自宅はマンハッタン島の北、電車だと30分から1時間くらいかかるウェストチェスター。日本からNYに赴任した駐在員も多く住む感じの良い住宅街です。

また、彼の子の1人はマンハッタンの北にある大学に通っています。この大学のある場所、ヤンキースタジアムから2マイル(3キロちょっと)ほどの距離。ハーレム川を挟んだ場所に位置します。ヤンキースタジアム自体、マンハッタンの新旧金融街から離れたサウス・ブロンクスにあります。

しかし、雰囲気は東京や大阪の都心部にて感染者が確認された日本のビジネス街に近いものがあるかもしれません。あちらでもなぜかトイレットペーパーが不足気味らしいですし。

Next: 本格的な景気後退はもう少し先? 株式市場はまだ荒れる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー