fbpx

ドル円、一時101円台へ。新型肺炎をきっかけに世界が日本の経済政策を疑い始めた=児島康孝

新型コロナショックがついに為替相場にも。円相場は1ドル=101円台まで円高・ドル安が進みました。世界は日本の経済政策を懐疑的に見ています。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ドル円、一時101円台へ

1ドル=101円80銭前後まで、円高が進んでいます(編注:3月9日11時15分現在)。

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

「景気は良い」は大嘘

日本国内では、新型コロナウイルスの以前から、低所得層にまともに給付が行われずに放置。

中小零細企業には、貸し剥がし・貸し渋りの激化で、いずれも強力なデフレ・円高政策です。

「そんなことはないだろう、テレビや新聞では“景気は良い”と言っていたよ? どうなの?」という話も、あるでしょう。

これはつまり、日本の表向きと現実が、まったく違うということです。

ですから、日本の現実から考えますと「円高」の方がしっくりきますし、現実として、これだけマネーを絞って、貧困化や信用収縮を進めていれば、とても金融緩和どころではなくて、金融緩和のフリをしていただけ、というわけです。

Next: 円高は当然。世界が日本の経済政策を懐疑的に見ている

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー