fbpx

ドル円、一時101円台へ。新型肺炎をきっかけに世界が日本の経済政策を疑い始めた=児島康孝

世界も懐疑的に見始めた

新型コロナウイルス問題をきっかけに、世界からも、日本の経済政策が懐疑的に見られ始めています。

つまり、金融緩和と言っていても、実際は、違うのではないか。デフレなのに、なぜ、緊縮政策を強化しているのか?

一般の日本国民が置かれている状況に、海外勢も気付き始めたというわけです。

ですから、今回の円高は、まったく、不思議ではありません。

日本の現実、国民生活という実態を反映していると言えるでしょう。

有料メルマガ好評配信中!初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

※2020年3月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年3月配信分
  • 【速報】一時104円10銭台まで、ドル円で円高進む(3/9)
  • 中期景気サイクルの円高、株安局面(3/6)
  • FRBが0.5%の緊急利下げ発表。やはり、早かったですね。(3/4)
  • (号外)ゴールドマンサックスも「緊急利下げ」を予想(3/2)

いますぐ初月無料購読!


有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】新型肺炎はカナダで作られた?2つの有力説を検証してわかった生物兵器説より恐ろしい事態=高島康司

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが警告する「東京五輪不況」は本当に来るのか?=俣野成敏

1 2

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2020年3月9日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』連動メルマガ

[月額330円(税込) 毎週金曜日]
日本に影響を与えてきた欧米勢の勢力図が変化し、国際情勢も激変の時期を迎えています。トランプ政権の前の欧米勢力は、日本の1990年のバブル崩壊以降、日本の衰退を狙ってきました。超長期の経済サイクルである、コンドラチェフ・サイクルが、戦後最悪の大底でもあったことから、日本経済はデフレに陥り、低迷したままであったのです。ところが、トランプ政権の誕生以降、欧米勢の勢力は変化し、日本の今後も、大きく変わろうとしています。このメルマガでは、有料読者に限定して、ちょっと書きにくい話にも踏み込んで、欧米勢の動きをお伝えします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー