fbpx

トランプ大統領「1年延期が良い」、IOC「WHOの勧告次第」。どうなる?東京五輪

アメリカのトランプ大統領が12日、今年の夏に開催が予定されている東京五輪について「1年間延期したほうが良いかもしれない」という考えを示したことをNHK時事通信などが伝えた。

時事通信によると、トランプ大統領は「私の個人的な考え」と述べたうえで、「延期もやむを得ない」と発言。過去に安倍首相から五輪会場の写真を見せてもらったことに触れ、「非常に素晴らし施設だ。観客を入れないことは想像できない」と語り、「無観客の競技場で実施するよりは延期する方が良いと思う」という意見を述べた。

トランプ大統領はこれまでも東京五輪の開催は日本政府の判断に委ねる考えを示してきたが、開催延期に言及するのは初めて。NHKは「新型コロナウイルスの感染拡大を軽視している」という野党側からの批判を交わす狙いがあるのではないかとする声もあると伝えている。

トランプ大統領の発言を受け、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、「WHOの助言も得ながら政府や東京都などと連携し、今年7月の大会開催に向け準備していきたい」とコメント。

IOCのトーマス・バッハ会長も、「世界保健委員会(WHO)の勧告に従う」と表明したうえで、東京五輪の成功に向けて今も準備を進めていることを強調した(AFP)。

新型コロナウイルスの感染拡大により、予定通りの開催が危ぶまれている東京五輪。連日、関係各所の見解を示す声が報道されているが、ネットからも開催延期を望む声や予定通りの開催を求める声、中止や延期になることでの経済や選手への影響を心配する声など、様々な意見があがっている。

WHOによりパンデミック(世界的な流行)であることが示された新型コロナウイルスが、世界的なスポーツの祭典に及ぼす影響はあまりにも大きい。

Next: トランプ大統領の意見についても様々な反応が…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー