fbpx

各国がクルーズ船から続々救出。日本自体が世界から隔離される可能性が高い=児島康孝

新型肺炎が問題になっているクルーズ船から、米国に続き、カナダ・台湾・香港・イタリアが自国民の救出に動いています。このまま行くと、日本自体が世界から隔離されます。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

対策は当然。中国からの流入を止めない日本も、世界は閉鎖対象に

クルーズ船から続々救出へ

横浜港周辺に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から、アメリカに続き、カナダ・台湾・香港・イタリアが自国民の救出に動いています。

さながら、武漢からの脱出と似た光景であり、このまま日本で感染が拡大しますと、日本自体が、世界から隔離される可能性が高くなっています。

新型コロナウイルス対策で、日本政府が失敗しているのが明らかなためです。

もっとも、クルーズ船内の食事などは大幅に改善されているのですが、感染の拡大に歯止めがかかっていないのは明らかで、船内にいるほど「船内感染」の危険性が高い状況です。

日本自体が隔離される可能性が高い

武漢や中国各地からの観光客を、春節などに日本へ入国させ続けたことは、時間差を置いて、顕在化します。

多くの人が通常予見される危険性が迫っているとSNSなどで言い続けたわけですが、日本政府は無視しました。

政府や厚生労働省の会見で、最初は、「感染は濃厚接触の場合だけで、症状も軽い」と言っていたわけです。

しかし、最近は、「感染ルートが見えなくなってきた、状況が変化した」という主旨の発言に変化しています。

これは、変化したのではなくて、多くの国民が言い続けてきたように、最初から、一連の動きが、一貫して進行しているだけです。

変化ではなく、当然予想された事態が、そのまま進んでいるだけ、という、極めてあたりまえのことです。

日本政府の中にはどうもそこまで考えている人たちはいないようですが、各国がクルーズ船からの救出に動くということは、日本政府の新型コロナウイルス対策への国際的な「不信任」であって、今後は、日本への航空路線の乗り入れストップにつながる可能性が高いです。

Next: 対策は当然。中国からの流入を止めない日本も、世界各国は閉鎖対象にする

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー