fbpx

買えたのは転売屋ばかり?「アディダスマスク」店頭発売で全国に大行列

アディダス ジャパンは8月7日、洗って繰り返し使える「adidas フェイスカバー」を全国の直営店にて発売。各地の店舗では、開店前から行列ができるほどの大盛況ぶりだったようだ。

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

今回発売された「adidas フェイスカバー」は、ポリエステルを再利用した同社オリジナル素材「Primegreen」を用い、さらりとした肌触りが特徴とのこと。医療従事者用のサージカルマスクやPPE(個人用防護具)としての規格を満たしたものではないが、飛沫によるウイルス拡散を防げるとしている。

ヨーロッパ、北米、中国において先に展開していた同アイテムだが、日本国内では8月1日にadidasアプリにて先行予約が行われ、早々と完売になっていた。

今回はそれに続く実店舗での販売だったが、その注目度・人気が爆発する形となった。

【関連】飲食店は耐えるより閉店すべき。決断が遅れると完膚なきまでに叩き潰される=鈴木傾城

買えた人はごくわずか。早速「あのアプリ」で転売祭りに

ツイッターを見渡すと、開店前の早い時間に並んだことで運良く購入できた人が戦利品の写真を上げる一方、買いたくても初動遅れや仕事で買えなかった人たちの恨み節が散見された。

いったいどんな人たちが殺到し、実際に購入できたのか。悲しいことに、早速メルカリでは大量に出品されているようだ。メルカリの規約ではマスクは転売禁止のはずだが、アパレル商品という扱いになっているのだろうか、多くの「アディダスマスク」が現在も出品されている。

マネーボイスでも「マスク転売解禁、なぜ今?『供給量の大幅増』理由に規制廃止を焦る謎」の記事で既報の通り、政府は今月中にもマスクの転売解禁を進めている。このことが転売ヤーの活動をさらに活発化させていることも考えられる。

Next: 加速するアパレルメーカーのマスク参入

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー