fbpx

韓国「ハト餌やり禁止監視員」は工作員?謎の雇用創出で超監視社会に突入

韓国政府は雇用対策として、大まじめに「ハト餌やり禁止監視員」ほか驚きの仕事を生み出して国民に提供している。この裏には恐るべき計画も見えてくる。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年8月16日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

韓国政府が提供する「奇妙なお仕事」

今回は韓国版「ニューディール政策」の一環と思われる雇用対策について解説したい。

今まで韓国政府は、大学の電気消し忘れ監視員、山火事監視員など、我々の想像も付かないユニークな雇用を生みだしてきた。これらは高齢者の短期バイトだったわけだが、今回とりあげる雇用対策も似たようなものだ。

では、朝鮮日報から新たな雇用について見ていこう。

<韓国版ニューディールの雇用>

・ハト餌やり禁止監視員
・ベンチに付いている鳥のフンを落とす作業
・オートバイ騒音監視員
・ペットエチケット遵守ヘルパー
・(図書館等の)閲覧室の番
・1年に1回、浄化槽を掃除するように電話で促す業務
・紙の横断幕の出力
・自転車施設の破損点検
・湧き水周辺のゴミ拾い
・地方税納税広報要員
・敬老堂(老人いこいの家)の安全管理者
・野良猫捕獲担当者
・南北境界地域のフェンス管理員

私が運営するサイトの読者様がまとめてくれたものをそのまま持ってきたが、きっとこう思うだろう。え?これって虚構新聞のネタじゃないのか?と。

残念ながら、そうではない。これは朝鮮日報で8月7日に配信された記事で、雇用の箇所を抜き出したものである。もちろんソースを確認している。つまり、本当なのだ。

未経験者大歓迎。あなたならどの仕事を選ぶ?

確かにこれだけ列記されたものを出されたら、作り話だと思うだろう。掃除はともかく、ほかの雇用がおかしすぎる。

しかし、これは韓国の地方で、実際に募集されている内容らしい。

例えば、ハトの餌やり禁止監視員。これは文字通り、ハトの餌をやろうとする人間を監視する係だ。スキルや経験値などいらない。ただ、ハトに餌をやりそうな場所を巡回するだけ。

私がお気に入りなのは、オートバイ騒音監視員である。どうやら夜にオートバイの騒音がうるさいので、それを取り締まるものらしい。これはわりと危険な仕事のような気もする。

閲覧室の番というのはわかりにくいだろうか。これは図書館などで騒いでいる連中がいたら、静かにするように促す監視のお仕事だ。静かに本を読めということだ。

また、1年に1回、浄化槽を掃除するように電話で促す業務とあるが、これはただ掃除担当者にお願いをするだけだろう。仕事と言えるのだろうか?

Next: 監視員=エージェント。超監視社会の実現に向けたカモフラージュか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー