fbpx

トランプ復活の茶番を誰が信じる?バイデン圧勝を見込んで米国株は上昇へ=藤井まり子

トランプ劇場はコロナ陽性からの復活という「見せ場」を演じてくれました。しかしこの一連の醜態で、バイデン勝利はほぼ確実になったと言えるでしょう。日米株式市場のリスクは払拭され、10月からじわじわと上昇へ向かいます。(『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』藤井まり子)

※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2020年10月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

「コロナからの復活」という選挙戦略

またもやトランプが「見せ場」を作ってくれました。世界中の人々の目が再び「トランプ劇場」に釘付けになっています。とうとう「あのトランプ大統領自身が新型コロナに感染!」という展開です。

「タフガイ」を自認して、強がってマスクもかけないで集会へ出席していたわけですから、こんな結果になるのも「時間の問題」、当然と言えば当然のこと。

さらには、トランプ大統領を中心に「ホワイトハウスそのものがクラスターになる」という「目も当てられないような醜態」まで晒しています。

さらにさらに、72時間後の4日目(日本時間10月6日の朝)には、「奇跡の退院」を見せてくれました。奇跡というよりも、「命知らず」「無謀」「無責任」と言うべきか.。

目下のところ、氏の病状については、おそらく大統領自身と最側近の切望から来る「軽症説」と、「肺への広がりの可能性を示唆する重症説」とが、錯綜しています。

今回の大統領選挙では、トランプ政権側は大変著名かつ優秀な選挙プロデューサー数人を雇っています。このプロデューサーたちの立場からは、新型コロナからわずか3日で不死鳥のように蘇ったトランプは「真の不屈にして勇敢、最強の男だ!」という、勝利へのストーリー展開を仕立て挙げて、敗色が濃くなり始めた大統領選を「一発逆転の大どんでん返し劇場」へと持って行きたいところでしょう。

もちろん、この「勝利へのストーリー」には、トランプ大統領も同意しているでしょう。

本当に無事なのか?プロレス興行さながらの「トランプ劇場」

ところが、大統領に使用される薬剤は、抗体ウィルスワクチンからレムデシビル、そしてステロイド薬デキサメタゾンへと、どんどん副作用が強いものへとシフトしていっています。

おそらく、トランプ大統領は軽症ではないでしょう。

アメリカは、ロシアに負けず劣らずの「ドーピングのメッカ」であります。怪しい麻薬を投与されたとおぼしき大統領が、気力を振り絞って、公用車で支持者の前へ姿を現したり、退院と同時にホワイトハウスのベランダでしばしの直立敬礼を見せてくれたりしています。

大丈夫なのでしょうか?ほんと、派手なプロレス興行みたいですが、これはリアルです。

「派手な人は、死に方まで派手」といったジンクスをかつて聞いたことがありますが、今回の場合はどうなんでしょう.。見世物とは言え、ちょっと心配ですね。

はてさて、4年に及ぶトランプ劇場、終盤に近づくにつれ、もっともっと「派手な展開」をわたし達に見せてくれるのかもしれません。

Next: バイデン勝利はほぼ確実?10月の株価は再び上昇を開始する

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー