fbpx

トランプに二度目の奇跡はあるか?死亡率20%から生還もバイデン優勢に=吉田繁治

トランプのコロナ感染という珍事が起きました。レムデシビル投与ということは軽症ではなかったのでしょう。それでも、選挙戦を勝ち抜くためには「軽症アピール」しか道はありません。トランプの「奇跡的によくなった」発言の真偽を検証し、米大統領選の今後の展開を考えます。(『ビジネス知識源プレミアム』吉田繁治)

【関連】なぜ日本だけ消費が戻らないのか?米国と中国はすでに前年水準を回復=吉田繁治

※本記事は有料メルマガ『ビジネス知識源プレミアム』2020年10月7日号の一部抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「トランプ陽性」のウラを読む

小説にしたら、嘘に見える展開です。11月からのワクチン利用とコロナ収束を声高に言ったその日の、トランプ大統領の陽性でした。9月30日の第1回討論の直後の感染のようです。

報を受けて、大統領選挙でも米国民のもっとも強い関心が「コロナ対策」として浮上しています。問題は、トランプ大統領の病状ですが、医師からは、依然、症状をはっきりさせない発表しかありません。トランプ大統領は10月6日には、ホワイトハウスに戻りました。軽症なら医師が発表するはずですから、重かったのでしょう。

ヘリコプターで軍の病院(ウォルター・リード)に入院したとき、大統領はツイッターの動画で、「すぐによくなって復帰する」というメッセージを出していました(9月4日)。

顔は白く、視線は曇っていましたが、歩く姿は正常に見えました。しかし入院した日は「良好ではなかった」とリポートされていたのです(民主党寄りのCNN)。トランプ本人は、「奇跡的によくなった」という。

レムデシビル投与が示唆する真の病状

ウイルスの増殖を抑えるためレムデシビルを投与された(公式発表)ということは、酸素吸入を行っているはずだ(医師)との報道も出ました。

レムデシビルは、「SARS-CoV-2による感染症の選択肢として、米国での緊急の使用許可(EUA)を受けて、医薬品医療機器等法で特例に承認された治療医薬」(日経バイオテク誌)です。

重症患者に用いるものとして、以下の注意書きがついています。

「SARS-CoV-2による感染症に対する主な投与経験は、酸素飽和度94%以下、(または)酸素吸入を要する、(または)体外式膜型人工肺(ECMO)導入または侵襲的人工呼吸器管理を要する重症患者に対してであることから、現時点では原則として、重症患者を対象に投与を行うこと」(同誌)。

血中の酸素濃度が低下し、酸素吸入または人工呼吸器が必要な患者に投与されます。重い症状です。

病院前での記者会見では、メドウズ大統領首席補佐官は「24時間、心配な状況があり、これから48時間(4日、5日)が、決定的に(Critical)に重要」という表現を使っていました(10月4日)。

反トランプのCNNに出た医師は、「これから7日間が肝心(予断を許さない)」という。医師団が施した検査と治療の内容は明らかではなく、熱と肺の状況が数値では示されていません。

入院した金曜日には、酸素吸入を受けたことは明らかになっています。

「レムデシビルは、日本で重症とされる、集中治療室(ICU)に入っている患者、気管挿管されている患者、ECMOを導入している患者に使われる」(医薬・生活衛生局医薬品審査管理課)という。

ホワイトハウスは「(重症化を防ぐ)予防的な使用」といっていますが…。

Next: 死亡率20%から生還?トランプの選択肢は「軽症アピール」のみ

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー