fbpx

株主優待でコロナ禍を克服。プロが選ぶ自粛期間に重宝した3銘柄=トコタン

コロナ禍で外出自粛など様々な影響があるなか、株主優待には大いに助けられました。外食はできなくても、株主優待でテイクアウトをして、自宅で美味しいものが食べられたのです。今回は、自粛期間にも重宝した優待銘柄をご紹介したいと思います。

【関連】バイデン勝利を織り込む米国市場。暴落の兆候は「テスラの株価」で見極めろ=栫井駿介

プロフィール:トコタン
投資歴20年。長年の経験から、優待とキャピタルゲイン(値上がり益)を得ながら資産を形成した優待投資家。運用ブログ『とことこトコタンの株主優待ブログ

おすすめ優待銘柄その1:ジェイグループホールディングス<3063>

ジェイグループホールディングスは、「芋蔵」「ほっこり」「てしごと家」「Na菜Na」「うな匠」など、居酒屋を中心にレストランやBARも展開。名古屋が地盤ですが、出店エリアは関東・東海・関西・仙台で、順次拡大を目指しているようです。

こちらの株主優待は、2月末と8月末権利の年2回、保有株数に応じて優待品がもらえます。

《優待銘柄情報》
ジェイグループホールディングス<3063>
最低単元購入価格:4万9,600円(※10月20日終値)
権利付き最終日:2月末、8月末
《優待内容》
★お食事優待券(直営店舗で利用可能 ※一部店舗除く)
100株以上 2,000円 (年間4,000円)
200株以上 4,000円 (年間8,000円)
600株以上 8,000円 (年間16,000円)
1,000株以上 12,000円 (年間24,000円)
※お食事優待券と自社グループ商品とのお引き換えは4,000円相当コースよりご用意していますが、有効期限内のものを合算してお申込みができます。

こちらは年2回、株主優待として食事券がもらえるのですが、東海地方が地盤とあって幸いにも名古屋には使えるお店が多く、中でも名古屋駅のルーセントタワー内にある名古屋丸八食堂では、全国的に有名な「矢場とん」が入っており、通常の矢場とん店舗ではこちらの優待券は使えないのですが、この名古屋丸八食堂に限っては使うことができるのです。

201021_tokotan_JGROUP

早速、矢場とんの「わらじとんかつ弁当」をテイクアウトしました。わらじとんかつには味噌だれとソースの2種類味わうこともできますが、私は根っからの名古屋人なので、味噌だれで頂きました。有名店の美味しいとんかつを自宅で食べることができるので、嬉しいですね。

名古屋丸八食堂には他にも「うな匠」の鰻のひつまぶしや、鳥開の名古屋コーチン親子丼なども楽しめます。名古屋へ来られる機会がありましたら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Next: 自宅でハワイ料理のロコモコなどが食べられる!おすすめ優待銘柄(2)

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー