fbpx

バイデン勝利を祈る韓国・文政権、トランプ再選で訪れる3つの悪夢

韓国経済にとってはトランプ大統領か、バイデン候補か。どちらが勝つ方が有利になるかを考察したい。結論を述べると、韓国が望むのは「バイデン大統領」だ。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

【関連】BTS所属事務所、時価総額1兆円からの大暴落。ファン買い支えは悪夢の始まり

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年11月1日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

バイデン息子のスキャンダルで形勢は不明へ

今回の韓国経済メルマガは、11月3日に迫ったアメリカ大統領選挙前ということで、結果が韓国に与える影響について解説したい。

もちろん、多くの読者様が気にしているのはトランプ大統領か、バイデン候補のどちらが勝つのかということだろう。残念ながら、バイデン氏の息子、ハンター氏のハードディスクの酷い中身が公開されたことで、一気に情勢はわからなくなった。

「バイデン氏の勝利が89%」と報道する米メディアもいるが、4年前には実際、ヒラリー氏の圧勝と言われて負けた。

さらに、トランプ大統領が猛追しているというメディアもあり、支持率で逆転したという報道もある。郵便投票を先に済ませた有権者が投票先を変更したいようで、そのような検索が増えているとか、いろいろと情報は錯綜している。

私は、ハンター・バイデン氏のハードディスクの内容を知る限りでは、バイデン氏はあり得ないと考えている。息子をまともに育てることもできない親が、大統領になるなんておかしいと判断されるだろう。あれを擁護できる親などいない。バイデン氏に投票するということは、それを認めてしまうことにもなるのだ。

過去、黒歴史といわれた民主党に入れて後悔した日本人も多いと思うが、あれの比ではない。バイデン勝利となれば、アメリカで前代未聞の黒歴史が生まれるという見方もある。

前置きが長くなったが、どちらが当選するかを予想することは難しい。

そこで、韓国経済にとってはトランプ大統領か、それともバイデン候補か。どちらが勝つ方が有利になるかを考察したいと思う。

韓国は「バイデン勝利」を望んでいる

結論から先に述べると、韓国が大統領になって欲しいのは「バイデン候補」だ。その理由として、次の3つが挙げられる。

1.中国との関係悪化が改善される(ファーウェイ制裁が弱まる可能性)

2.在韓米軍駐在費の交渉で米国が妥協する可能性

3.トランプ大統領は韓国が嫌い

大きく分けて、この3つだ。(3)はそのままの意味だが、まずは(1)から説明していこう。

Next: 風当たりが弱まる?韓国が大統領になって欲しいのは「バイデン」

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー