fbpx

安倍前首相、物価2%「事実上到達」発言でわかった日銀緩和の的外れ=高梨彰

物価が下がったら雇用は悪化するのか?

問題は、物価が上がらなくても改善した雇用が、物価が下がったときに「必ず」悪化するのかどうかです。

物価と雇用の関係が無いとしたら、物価上昇率に拘泥する必然性は薄れます。せいぜい「デフレは嫌」という程度です。

止まらぬ日銀のETF買い

現状は、「物価は上がらない。でも雇用は改善。でも金融緩和は止められない」です。

これが意味するところは「金融資産はずっと刺激を受ける。株価最高値更新に企業業績は必ずしも重要ではない」といったところ。株価収益率が高いからといって株を売っても、踏み上げられちゃいます。

本日も、この現状の繰り返しです。日本では株の先物オプションの期限を明日11月13日に控え、踏み上げ最終段階です。重ね重ね、日銀は株のETF買いをドサクサ紛れでも何でも止めて欲しいのですけど、ちょっと下がっただけで買っちゃう姿勢は今後も続きそう。

マザーズが大幅安のあと自力で反発した姿をみれば、日銀の過保護など何の役にも立たないことを証明しています。

今回のまとめ

・安倍前首相「(物価上昇率2%は)事実上政策ターゲットに到達」
・物価と雇用の関係がないとすれば、金融緩和の意味も考え直さないと
・日銀はどうやってドサクサ紛れに株ETF買いを止めるのでしょうか

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

※2020年11月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年11月配信分
  • 安倍前首相の発言にみる、過保護なだけの日銀(11/12)
  • 気長にもやしに「11月11日」(11/11)
  • 相場って几帳面です(11/10)
  • 真空状態での株高(11/9)
  • 日経平均24,000円、PBR1倍は21,500円です(11/6)
  • 米債買い、株も買い、そしてVIX下がります(11/5)
  • 米大統領選、理想的な姿を念頭に置きつつ(11/4)
  • 米大統領選後の出発点はNASDAQ、でしょうか(11/2)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2020年11月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】ダボス会議「グレートリセット」で仕組まれる金融崩壊とコロナ後の資本主義=高島康司

【関連】長生きが罰になる日本で「安楽死」を甘えと切り捨てる偽善者に告ぐ=鈴木傾城

【関連】若者こそ知るべき日本会議と菅内閣の関係。彼らは自分の敵か味方か?=原彰宏

1 2

高梨彰『しん・古今東西』』(2020年11月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー