fbpx

バフェットの日本買いは教科書通り?デフレ脳の日本人こそ真似すべき理由=花輪陽子

バフェットが日本の5大商社株を買ったことが話題になりました。彼のポートフォリオを参考にすると、理想的な株式のポートフォリオが見えてきます。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽子)

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが警告「次の金融崩壊が私の人生で最も大きなものになる」=花輪陽子

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:花輪陽子(はなわ ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。

バフェットの日本買いは配当狙い?

投資の神様ウォーレン・バフェット氏による資産運用の会社バークシャー・ハサウェイが、日本の5大商社株を購入して話題になりました。三菱商事などの配当利回りは6%近くになっており、不況時でもわずかに出た利益のほとんどを配当に回し、配当性向が異常に高い数値になっていました。

大手企業は株価を維持するために不況時も配当を減らしにくいのです。そのため、配当が安定的に期待できます。バークシャーは円を1%程度の金利で調達をすることができるので、「6% – 1%」の差額の鞘を取れるということです。

配当目当てでの投資だったのではないかということも言われています。彼のこの戦略は個人投資家も真似るべきで、米国債の10年物金利が0.7%前後の現在、相対的に株の配当利回りの方が魅力が高くなっています。もちろん元本は変動しますが、商社株などは比較的安定をしており、景気が回復したら上昇する可能性もあります。

バークシャーのポートフォリオは公開されており、インターネットでも見ることができ、参考になります。ここ最近、航空会社や銀行の株式等を整理して、金の会社を買うなどの見直しを行っており、バフェット氏の売買によって小判鮫も現れるために相場も動きました。
※参考:バークシャー・ハサウェイ ポートフォリオトラッカー – CNBC

個人投資家は完コピするのもアリ

保有株式の中身を見ると、アップルを除いてはハイテク株の保有は少なめで、コカコーラ、クラフトハインツ、アメリカンエクスプレスなどの伝統的な大企業の株式を多く保有しています。

ジム・ロジャーズ氏の投資哲学にも共通しますが、自分が詳しい分野に投資をしていると言えそうです。2人ともどちらかというとハイテクはそれほど得意分野ではないと感じます。

また、ハイテク株ばかりにポートフォリオが偏ると、ITバブル崩壊時のようにいつか大崩れをする際のリスクが大きくなります。9月前半からハイテク株は大きく調整され、徐々に回復をしています。どうしても上がり過ぎると、その反動で同じくらい調整も大きくなります。デリバティブ取引などでヘッジをしている関係、上昇も下落も幅が大きくなってしまうのです。

2人ともバリュー投資なので割安の際に取得をして長期で保有をして値上がりを待つというスタイルです。そのため、あまり流行りのハイテク株を多く保有するというスタイルではありません。

それよりも割安な銘柄を探してじっくりと粘り強く保有するスタイルです。バフェット氏に関しては資金が必要になるまでは株式を永遠に保有したいという発言も残しています。

株式は債券と比べると元本のボラティリティは大きいですが、ボラティリティは期待リターンの源泉にもなります。バフェット氏のように複数銘柄やセクターに分散させることでハイテクなどに集中投資をするよりもリスクは低減させることができます。

現在はインターネットで有名な投資家や保険会社や年金ファンドなどのポートフォリオを詳細まで見ることができます。

個人がポートフォリオの構成をコピーして保有することも可能です。海外の株は1単位から購入できる場合もあり、最低投資額も低めです。最低手数料が20ドル程度で設定されている場合もあるので20万円くらいから購入もできます。

もちろんバークシャーの真似をしても、取得のタイミングが違うので必ずしも利益が出るとは限りません。しかし、素人が適当に購入するよりも、プロのポートフォリオを参考にするか、インデックス投資をするほうが勝率は上がりそうです。

Next: 「100から自分の年齢を引く」と、最適な株式資産の割合になる

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー