fbpx

バフェットの日本買いは教科書通り?デフレ脳の日本人こそ真似すべき理由=花輪陽子

外貨預金の「高金利」に飛びつくのは日本人だけ?

過去の金融広告を見ると分かりやすいです。

例えば、南アフリカランド年利30%の1ヶ月もの定期の広告などです。広告内には、100万円の場合、片道の手数料は約2万円などと細かく表記されています。つまり、100万円で1ヶ月預けて、仮に2万5,000円の金利を得たとしても、片道手数料を引くと利益は5,000円になります。日本円にその時点で戻すと、往復手数料4万円からマイナスになります。

これは為替が動いていない前提なので、そのままランドのまま保有するとキャンペーン金利は外れて、通常の金利や次のキャンペーンを待つことになるのでしょう。長期で保有していると通貨の価値が円に比べると相対的に弱くなるので、損をする可能性も高いです。

日本人の間でカンボジアに米ドル建ての高金利の預金をしに行くツアーなども流行った時期があったようですが、現地の金融機関のリスクも当然あります。貸し出している先もマイクロファイナンスの場合もあるようです。

このように、「高金利」というだけで為替を変えて取引をするのは日本人くらいのようです。他の国の人は、先ほどの為替のメカニズムが分かっているので、必ずしも有利だとは考えていないようです。

また、30年デフレが続いた日本と異なり、外国では多くの人がインフレ率を上回るリターンを狙います。米ドルなら、10年米国債利回り0.7%程度+2〜3%程度を狙うということです。

つまり、通貨のまま保有するのではなく、株式や債券等で運用をするわけです。

日本人だと養老保険で1.5-2%の最低保証などがあると即座に魅力を感じるようですが、多くの国の人は、それではインフレリスクに対応できないと答えます。

インフレリスクを知らない日本人

日本人の多くはインフレを経験していません。遠い過去に経験をしたという人もいるでしょう。私も90代の祖母に第二次世界大戦による日本国債の破綻や酷いインフレの経験を度々聞くのですが、本当にインフレは恐ろしかったと語ります――

続きはご購読ください。初月無料です<残約1,600文字>

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

※2020年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年9月配信分
  • バフェットのポートフォリオから学ぶ 理想的な株式のポートフォリオは(9/11)

いますぐ初月無料購読!

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが警告「次の金融崩壊が私の人生で最も大きなものになる」=花輪陽子

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが断言「日本政府への不信感が高まる時がチャンス」=花輪陽子

【関連】なぜジム・ロジャーズは日本株を全部売った?天才投資家が警告する日本衰退の元凶とは=花輪陽子

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが日本人に警告「年金はあてにするな。早く海外へ逃げろ」=花輪陽子


※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 1月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込990円)。

2020年8月配信分
  • 東南アジア、ヨーロッパ、オセアニアなど移住がしやすい国は(8/28)
  • どうなる金と銀相場!シンガポールで注目のEAMビジネス(8/14)

2020年8月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
  • 誰でも出来る!?コロナ危機でも資産が増えた富裕層たちの資産運用術 8/23 11AM(日本時間)Zoomセミナー(7/31)
  • 世界のREITなどに投資をして効率よく配当をもらう方法は(7/24)
  • コロナ危機が境目?金持ち父さん、貧乏父さんの分かれ道(7/10)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • コロナ競売物件などお得な案件を知りたい(6/26)
  • ポストコロナのポートフォリオの見直し方(6/12)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • ポストコロナの金融機関の選び方 国外の銀行の方が安全?(5/22)
  • ポストコロナの世界経済と株式市場の予測(5/8)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • 株式市場は底を打ったのか?(4/24)
  • 人生で絶好の買い場が来る?買いのシグナルは?(4/10)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • 日本でも急増中! 最新の投資詐欺情報(3/27)
  • タックスヘイブンに住んでいる富裕層の正体(3/13)

2020年3月のバックナンバーを購入する

2020年2月配信分
  • 海外の最新フィンテック事情 注目のサブアカウントとは(2/28)
  • 約200年の歴史 知られざる、スイスのプライベートバンクの実態(2/14)

2020年2月のバックナンバーを購入する

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが東京五輪を猛批判「借金が膨らみ、悪い結果にしかならない」=花輪陽子

【関連】なぜジム・ロジャーズは大韓航空株を買った?日本を見限り、誰もが敬遠する国に賭けるワケ=花輪陽子

【関連】消費増税に怒れる日本人は買ってはいけない。消費をやめれば政治家・官僚・財界が青ざめる=鈴木傾城

image by:Kent Sievers / Shutterstock.com
1 2 3

花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』(2020年9月11日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編

[月額990円(税込) 毎月第2金曜日・第4金曜日予定]
シンガポール富裕層の教えを受けて、駐在妻から海外で起業と資産運用を実践。読者の皆さんの一歩先を行くメンターとして、FPという専門家としても、メルマガで実践的なノウハウを提供。Q&Aにも回答。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー