fbpx

現役CA「夜の危ない副業」体を張る折れた翼、中年男の欲望はけ口に

新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けた航空業界。5100億円の赤字見通しとなったANAは3500人の人員削減案を発表し、400人以上を他社へ出向させる計画を明らかにした。JALも2300億円の赤字となる見通しとなっている。飛行機が飛ばない以上、多くの余剰人員が発生してしまう航空業界。実は今、飛べなくなってしまったCAたちが危ない副業に手を染めているという。

「夜の世界」に足を踏み入れるCAたち

華やかなイメージが強いCAが苦境に立たされている。

CAは一般企業に勤める同世代のOLと比べて年収が高いと言われているが、基本給に関していえば決して高くはない。フライト手当のほか、現地での滞在手当や深夜手当などで稼ぐ歩合制の面が強いのだ。

日系の航空会社に10年近く勤務していた元CAの女性は次のように語る。

「コロナの影響でCAの収入は激減しています。20代半ばのCAで30万円の月収が15万円に、年収は100万~200万も下がっていると聞きました。LCCのCAは月給10万円を切ることもあるとか。フライトがなく、連日休暇状態ですから仕方ないでしょう」

そうなれば当然お金が足りなくなる。とはいえ、プライドが高いCA、今さら家賃6万円の郊外のアパートに引っ越すことはできない。周りの目が気になるため、生活レベルを落とすことなどできないという。

ではどうするか?メルカリで私物を売り払ってお金を作るか?ウーバーイーツでバイトでもするか?そんな微々たる収入では生活を維持できない。

そこでCAたちは危険な副業に手を染めてしまうのだ。

CA③

image by : shutterstock

【CAの危ない副業①】高級キャバクラ

お金が必要になる女性が手を出しがちなキャバクラのバイト。CAも接客業に近い側面があることから、女性もすんなり入りやすいのかもしれない。

しかし、CAのキャバクラ副業について、都内をはじめ、関東の性風俗産業に詳しいライターは、ある二極化した現象が起きているという。

「現役CAを売りにするかどうかです。自分の素性を隠してキャバクラでバイトする場合、バレたくないからとわざわざ埼玉や千葉のお店を選ぶ女性が多いようです。都内、特に六本木や歌舞伎町などはバレてしまうリスクが高いですからね。八王子とかまでいけば大丈夫でしょうが」

確かにキャバクラで働いていたという事実が発覚してしまったら、CAとしての仕事に支障をきたすかもしれない。素性を隠すことはある意味当たり前かもしれない。

一方、現役CAを売りにするとはどういうことなのか?

「地方のキャバクラでは大して稼げません。むしろ現役CAと名乗り、報酬の値段を吊り上げるのです。かといって一般的なキャバクラではリスクが高い。なので、そういう女性は高級ラウンジを選ぶようです。ラウンジならお酒を作ったりするキャバクラ的要素は薄いですし、何よりお金を持っている成功者たちしか来ませんから」(前出・風俗ライター)

同じキャバクラ形態の店で副業するにも、ただ生活費を稼ぐバイトより、お金持ちの男性に近づき、何かしらのきっかけになった方が良いと考えるCAの方が賢いということか。体を張った副業にも戦略的視点が必要のようだ。

CA②

image by : shutterstock

Next: 自分を「安売り」しはじめた現役CAの女性たち

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー