fbpx

現役CA「夜の危ない副業」体を張る折れた翼、中年男の欲望はけ口に

現役CAたちの悲痛な叫び

新型コロナウイルスの影響で飛行機が飛ばなくなり、収入面で大きな打撃を受けているCAたち。20代や30代の独身CAにとってはまさに死活問題だ。

そんなCAたちが手を出しているという危険な副業。この記事では3つの「仕事」を見てきたが、実際にどれも現役のCAが手を染めている副業だ。

「色々な意見はあると思いますが、実際にそこまで追い込まれているCAが多いということです。もう航空業界の復活がないとわかれば転職もするんでしょうが、苦労して手に入れることができたCAという職業を簡単に捨てることはできません。問題はいつ飛行機が普通に飛ぶようになるかがわからないことなんです」(前出・元CA)

Go Toトラベルなどで旅行業界は少し盛り返しているものの、航空事業はまだまだ先が見えないのが実情。経営はさらに厳しくなるとみられている。

現役CAたちがかつてのように再び空を飛べるような確証はなく、地上へ降りざるを得ないCAたちが増えてくるかもしれない。航空業界はかつてない岐路に立たされている。

Twitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

【関連】「もう風俗で働くしかないのか」元AV女優の貧困シングルマザーに私が伝えたこと=午堂登紀雄

【関連】長生きが罰になる日本で「安楽死」を甘えと切り捨てる偽善者に告ぐ=鈴木傾城

【関連】ダボス会議「グレートリセット」で仕組まれる金融崩壊とコロナ後の資本主義=高島康司

image by : shutterstock

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー